花粉症対策は、冬の終わりから春にかけて、多くの人が気になるところです。

花粉のせいで、毎年この時期を乗り切るのがつらいと感じている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、もっともタイムリーな2017年版で、花粉症対策(セルフケアとして、日々の生活に取り入れられること)についてご紹介します。

是非あなたも今日から実践なさってみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

目の花粉症対策グッズ

目はとてもデリケートな部分なので、痛かったり痒かったりしても、こすらないことが一番です。

是非おすすめしたいのが、こちらのグッズ。目を洗うための専用の道具です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマリー スマリーニューアイカップペット150ml【02P06Aug16】
価格:1105円(税込、送料別) (2017/2/1時点)

値段も安くて、しかも小型。持ち運びにもきっと重宝すると思います。

目の花粉症に悩まれている方は、是非一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

他にも、花粉から目を守ってくれるゴーグルも、試してみる価値はあると思います。

なかなかゴーグルというと普段使いには向かないイメージですが、今ではお洒落なものも多数売られています。

ゴーグルは対症療法にしかならない…という声も聞こえてきそうですが、対症療法で間に合いそうな軽度の花粉症ならば、きっとゴーグルは重宝するはずです。

あと、こういったゴーグルには、目を紫外線から守ってくれるUVカット機能が施されているものも多いです。UVカットのためにも一度手にとってみてはいかがでしょうか?

紫外線は年中降り注いでいますし、日頃の対策がまず肝心なのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

鼻・口の花粉症対策グッズ

鼻と口の花粉症も、とても厄介です。セルフケアとしてできることは限られますが、諦めずに対策をしていきたいところですね!

もしも本格的に「鼻うがい」をしてみようと思っていらっしゃるならば、こんなグッズがありますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【ハナクリーンS】鼻 はな 鼻洗浄器 鼻うがい 鼻ケア 鼻すっきり ハンディタイプ鼻洗浄器☆
価格:2797円(税込、送料無料) (2017/2/1時点)

こちらは、専用の鼻うがいグッズです。先ほど目を洗う専用グッズを紹介致しましたが、こちらは鼻をきれいにするためのもの。

鼻うがいは慣れるのに時間がかかるので、即効性をあまり期待しないほうがいいです。ですが、気長に対策に取り組みたい方には良いのではないでしょうか?

なお、アーユルヴェーダを実践していらっしゃる方ならば、お馴染みの鼻うがいグッズ「ネティーポット」でもOKです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Neti Pot ネティポット  |日経ヘルス掲載アイテム|【ネコポス不可】【ヨガ/ヨーガ/アーユルヴェーダ/ジャラ・ネティ】【鼻孔/洗浄/花粉症】 10P03Dec16
価格:648円(税込、送料別) (2017/2/1時点)

こういった本格的なグッズを活用していくことが、セルフケアでの花粉症対策には効果的なのではないでしょうか?

アレルギー体質の人が気をつけるべきこと

アレルギー体質の人にとって、花粉症は症状を悪化させる要因のひとつです。花粉症の季節は、注意が必要です。

「アレルギー体質と花粉症って、何か関係があるの?」という声が聞こえてきそうですが、アレルギーと花粉症が起こるメカニズムはほとんど変わりません。

アレルギーを起こす可能性が高い食品、特に乳製品大豆小麦などは摂らないのが賢明です。

花粉症の季節は、ただでさえ体調を崩しやすいアレルギー体質の人は、避けるべき食品のリストを作っておくのが良いと思います。

アレルギー症状は出なくても、食べると体の調子が悪くなる食品は、避けるようにしたいものです。

花粉症の季節は、こうした食品はなるべく控えましょう。

乳製品を食べるといつも気分が悪くなる人の場合、お呼ばれの際、花粉症の季節は、乳製品でもてなされても食べないのが体のためです。

「気を悪くさせてしまいそう…」と思い食べてしまうことで、自分の体を更に悪くさせてしまうおそれがあります。
招いてくださった方に、正直にアレルギー体質だと伝えることが何よりです。

一見この話は、花粉症と何の関係もなさそうです。ですが花粉症の季節は、アレルギー持ちの人にとっては気をつけなければならない季節だということを、忘れないで下さいね。

その他の花粉症対策グッズ

定番の花粉症グッズももちろん、2017年にも大活躍してくれること間違いなしです!

超立体マスクは、花粉症や感染症対策の定番です。形も、人間の顔に合った合理的な設計がなされていると言えます。

もしもあなたがどのマスクにしようか迷っているならば、超立体マスクが良いでしょう。

マスクにこだわりがある場合には別ですが、こだわりが特にないのならば、お徳用で購入しておくのがベストです。

まとめ

花粉症対策は、セルフケアを怠らない姿勢がまず大切になって来ると思います。だからこそ、徹底的に行っていきたいところですね!

ですが、もしもアレルギーやアトピーを持っていたり、呼吸器や眼の調子がまったく優れないという方は、セルフケアの前にお医者さんを受診してください。

処方せんでいただくお薬のほうが、花粉症対策に効果的だという場合もあり得ます。セルフケアで無理をしすぎないようにしていきたいものですね。

以上、2017年の花粉症対策について紹介致しました!

 

おすすめ記事:2017年花粉症のピークはいつからいつまで?【花粉別】

 

スポンサーリンク