五月病はこのシーズン、多くの人が気になる病気です。

人によっては、「病名だけは聞いたことがあるのだけれど…」という方もいらっしゃると思います。

じつは五月病は、どんな病気なのかは、知らない人が多いです。

この記事では、もしかしたら、あなたにとってこれまで身近でなかった五月病について詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

 

五月病とは?

五月病というと、何となく5月にかかるイメージですね。ですが、5月でなくてもかかる病気です。主な症状は、精神的な症状。抑うつ状態や不安感などです。

五月病だと言われるゆえんは、日本独特の生活環境。それに由来しています。

転勤や進学など、日本ではちょうど春の4月が、多くの人の生活の変わり目です。( 転勤や進学などがない人でも、冬とは違う生活習慣に様変わりします。なので、まったく五月病に無関係な人というのはいないはずです。)

環境の変化から来るストレスの病気です。

精神科のお医者さんのものの言い方によりますが、「うつ病」などの診断がなされることがあります。「五月病」という呼ばれ方は俗称で、お医者さん風の言い方ではないです。なので、きちんとした医学的な病名で診断がなされます。

ちなみに、現代では季節や月に関わらず、環境の変化を経験する人も多いです。

ワークスタイルや学習スタイルなど、多様化しているのが今の時代です。

4月に必ずしも環境が切り替わらない方もいらっしゃるのですね。

何月かに関わらず、環境の変化を経験された方がかかりやすい…ということを考えると、「五月病」という呼び方はふさわしくないかもしれませんね。( お医者さんが敢えて「五月病」とおっしゃらない理由は、このようなところにあるのかもしれませんね。)

五月病の簡単チェック法!

次に、五月病の簡単なチェック法を見てみましょう。

( ここでのチェックは、あくまでも便宜的なものです。診断を確定させるものではありません。自己診断は禁物ですし、正しい医学的な判断は、必ず熟練したお医者さんによって行われなければなりません。)

最近、自分の環境が変わった。
ふさぎ込んだ気分になることが多くなった。
以前は何事もなくできていたことが、今では苦に感じる。
自尊意識が、今までの中で最も低いと感じる。

 

このチェック項目を見て、少しでも気がかりな気分になったら、後に紹介するセルフケア法を試してみてくださいね。

五月病の原因と対策!

五月病の原因は、先ほども挙げましたが、環境の変化に伴うストレスです。

現代は、ただでさえ強いストレスに誰もがさらされる時代。そこに環境の変化が加われば、つらい状況になってしまうのは仕方がないことです。

対策としては、不安な気持ちが起こったときのために、それを紛らわす何か(食事、読書、縫い物など)を準備しておくのが良いです。

「こんな単純なことでいいの?」と思われるかもしれません。ですが、より即効性のある対処法(すなわち治療行為)は、セルフケアの範囲内では到底行うことはできないのです。

 

スポンサーリンク

 

五月病の解消法!(セルフケア法

こちらでは、五月病の解消に役立つセルフケア法についてご紹介します。
ですが、あくまでもセルフケアの範囲内です。

専門家の力を借りることは、決して恥ずかしいことではありません。

セラピスト、カウンセラー、精神科医の先生、心理士さん…、呼び方は様々ですが、精神の健康を支えてくれる専門家の存在を忘れてはいけません。

時には専門家の力を借りることが、無理せずセルフケアを続けていくポイントでもあります。

セルフケアを続けていくためのモチベーションを保つためにも、一度専門家の方に診ていただくのも良いと思います。

きっとあなたにフィットする方法を提案して下さることでしょう!

《日光浴をする》

朝、日光浴を少しするだけで、体内時計を整えることができます。うつ状態を改善するのに、太陽の光を浴びることは効果的だと言う人は多いです。

《外を散歩してみる》

外に出ることで、新鮮な気持ちになれるという方はきっと多いはず…。
気分がふさぎ込んでいるときには、大抵家の中で悶々と過ごしてしまうものです。

外を軽く散歩する生活習慣を取り入れることで、気分を爽快に保つことができます。

運動をするのも、うつ状態を和らげるのに効果的です。

これらの、簡単な方法を積み重ねることで、何か良い効果が出てくるのではないでしょうか?

実践しやすい方法であることが一番ですね。

まとめ

五月病は、誰でもかかる可能性があります。

従って、これは他人事ではありません!

現在では、精神科や心療内科の敷居はかなり低くなっています。ひと昔前までは、どうしても受診しづらいイメージが強くありました。ですが、今は決してそうではありません。

適切なセルフケア法について、助言してくださる専門家もたくさんいます。精神に効くお薬に頼らずとも、日々のコンディションを万全に整える生活習慣を指導してくださいます。

あなたにとって良い対処法を選んで、継続していくことが大切です。

 

スポンサーリンク