肺気腫は近年かかる人が増えている病気です。

呼吸器系(のど、肺や気管支)の病気はどれも、一度かかると治りが悪く、しかも治療法が確立されていない病気も多いと聞きます。

原因がよく分かっていないものも多いのが現状です。

この記事では、なかなか馴染みがない肺気腫について、ばっちりお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

肺気腫ってどんな病気?

%e6%81%af

肺気腫は、その字の通り肺の病気です。気道が閉じてしまうせいで、呼吸がままならず、日常生活にあまりにも大きな支障が出ます。

もともと肺には、たくさんの肺胞(はいほう、空気の出し入れを行うタンクのような役割を持つ部位)が存在します。

ですが、たくさんある肺胞が、タンクとして空気を蓄えることができなくなってしまいます。肺胞同士がくっつきあってしまうのです。

肺胞同士がくっつきあってまとまりあったほうが、呼吸には合理的には見えますが、決してそうではありません。空気をストックできなくなっていくのです。

結果的に、呼吸がうまく行えなくなってしまうのです。

肺気腫の詳しい原因は?

%e7%85%99%e8%8d%89%e3%81%ae%e7%85%99

先ほどもお伝えした通り、呼吸器系の病気は、分かっていないことが多いのが現状です。

詳しい肺気腫の原因やメカニズムについては、まだまだ分かっていないことも多いです。ですが、タバコが関係していることは間違いないようです。

喫煙者が発症しやすいというデータもあり、喫煙が引き金になっていると言われます。とは言っても、タバコを吸わない人でもかかることがあります。

ですから、真の原因は何なのか、ひとつに絞り込むことは難しいです。

遺伝も関連している…とも言われます。ですから将来的には、遺伝子検査を通じて、肺気腫の引き金となる要因を突き止められるかもしれませんね。

いずれにしても、予防のためにも、きれいな空気の中で過ごすのが一番いい…という結論に落ち着きます。

肺気腫はどんな段階を経るの?

%e9%9a%8e%e6%ae%b5

病気は急にかかって、またたく間にひどくなるもの(典型的な例としては感染症)があります。

ですが、肺気腫のように徐々に肺胞の機能が失われていくような、(感染症と比べれば) 比較的ゆっくりと病気が進むものもあるものです。

この記事では、肺気腫の段階(フェイズ)について、クロースアップして取り上げます。

《 肺気腫の初期症状は?》

風邪を引いたわけではないのに、のどの調子がおかしかったり、たんがからんだり、せきが出たり…。

これらの症状は、誰でも経験があるように見えることです。ですが、もしもあなたがタバコを吸っているのならば、病院で詳しい検査を即刻受けるべきです。

《 肺気腫の末期症状(4期症状)は?》

肺がんの症状の重さを区別する際に、4段階で区別することがあります。第4段階は、とても重い末期症状という意味です。

同じ呼吸器系の病気として、肺気腫にもそのまま、肺がんの区別の仕方が、便宜的ですが役立ちます。

肺気腫の末期症状は…、呼吸ができない(=酸素を吸い込めない)ことで意識がもうろうとし、亡くなってしまう…ということになります。ひどい酸欠状態が、末期症状となります。

 

スポンサーリンク

 

禁煙の知識は、喫煙者のためだけのものではない!

肺気腫の原因の一端を、タバコが担っている可能性については、先ほどお話した通りです。

「私はタバコを吸わないから関係ないもん!」とおっしゃる方も多いのですが、是非とも禁煙についての知識を身につけていただきたいところです。

タバコを吸っていらっしゃる方だけのために、喫煙の知識が活きるわけではありません。

むしろタバコを吸わない人が、禁煙の知識を身につけることで、身近な喫煙者を禁煙に導いてあげるのです。

タバコを吸う人は近年は減ってきているとはいえ、まだまだ多くの人がタバコをたしなみます。

多くの喫煙者は、呼吸器系の病気に良くないと知りながらも、自分でそのやめ方を知らずに悩んでいます。自分で自分がどうしてタバコを吸ってしまうのか、その理由さえも分からずに、ついつい手を出してしまうのです。

おまけにタバコは、非喫煙者にとってはいつでも嫌われる標的。しかも非喫煙者は、喫煙者をあたかも危険人物扱いしてしまいます。

以前、副流煙の害が注目されブームになりましたが、それは喫煙者をかえって孤立させるのに拍車をかけました。タバコをやめられなくて悩んでいるにも関わらず、非喫煙者の冷たい態度のせいで、喫煙者はさらに孤立しているのです。

喫煙者がタバコをやめられない原因のひとつは、決して本人の努力や考え方のせいではありません。皮肉にも非喫煙者の側が、本気でタバコをやめようとする喫煙者を、心から応援する姿勢に欠けているのですね。

肺気腫をこの世からなくすための第一歩として、非喫煙者の側の、禁煙への協力的な姿勢が重要になることは、言うまでもありません。

もちろん、禁煙の肺気腫への治療効果も絶大ですよ!

まとめ

肺気腫は、毎日あまりにも当たり前にしている呼吸に問題が出るという、とても怖い病気です。

ひとりひとりが、禁煙への知識を持って、周囲の喫煙者がタバコをやめる手助けをいっしょにしていくことが、治療には大切になりますよ。

 

おすすめ記事:肺気腫の原因とは? 寿命・生存率は?

おすすめ記事:肺気腫の手術をした場合のリスクや費用・入院期間は?

 

スポンサーリンク