鼻詰まりというのは大変ですよね。

鼻で息がしにくい、

においがわからないなど生活にもいろいろ不便が出てきます。

 

病院に行きたいけどそんな暇がない、

ひょっとしたらすぐ治るかもしれないし…。

 

それでも今ある鼻詰まりのかまった感じは何とか早く治したいもの。

そこで私が試した方法で2つほど効果的な方法を紹介します

 

スポンサーリンク

 

今、鼻づまりが気になる方に、
簡単で即効性がある方法を2つご紹介!

  • 何かものをわきの下に挟む

石井正則先生がTVで紹介されたということで

よくペットボトルが引き合いに出されていますが、

わきに挟みやすいものであれば何でも良さそうです。

 

はさんだ方と逆側の鼻の穴の通りがよくなるとか。

 

私もやってみましたが、確かに通りがよくなる感じがします。

 

ふと思いつきました。

両側に挟んだら両方とも通りがよくなるかもしれません。

 

試しにやってみると結構抱えるのが大変で、

いろいろ持ち方変えてみていたら少し疲れちゃいました。

 

結果、鼻の通りがよくなっている感じはしますが、

ちょっと無理な体制で力を込めたせいで

少し運動した感じになりましたので、

その分の効果も上乗せされているかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

  • 鼻の中を洗い流す

花粉症なんかのアレルギーに限りますが、

外からアレルギーのものが入ってくるのなら

それを洗い流してやればすっきりしますよね。

とはいえ、普通に水道水でやると鼻の中が痛くなっちゃいます。

 

そこで使われるのが塩。塩の量は大体100mlの水に0.9gです。

 

いわゆる生理食塩液というやつですね。

 

人間の体液と同じ濃さにした液体なら

しみにくくなるということです。

 

最近は塩も1gの小分け包装とかあったりしますから、

それを使うと水の量さえちゃんと計れば簡単に作れます。

 

1gの塩なら水110mlくらいですよ。

 

これなら計量カップがあればできそうですね。

 

私も久しぶりに使ってみましたが

普通の水と比べて鼻の中が痛くなりにくいです。

 

でもこの方法を試してみるときは、

塩を入れすぎないよう注意してくださいね。

鼻づまりの原因は?風邪?花粉症?
それとも・・・

 

そもそもなぜ鼻が詰まるのでしょうか。

一般的にその原因になるのは

ウイルス感染とアレルギーだそうです
(MSDマニュアルを参考にしました)。

 

簡単に言えば風邪か花粉症やハウスダストが

原因ということになりますね。

 

それによって鼻の中の粘膜が腫れたり、

鼻水がたまったりして鼻詰まりが起こるということです。

 

ちなみに先ほど紹介した、

わきの下に何か挟むというのは、

交感神経を刺激することで鼻の粘膜の腫れを

引かせることができるのだとか。

鼻づまりを根本から治す方法とは?

 

これはもう

お近くの耳鼻咽喉科に行って

ちゃんとお医者さんに診てもらったほうがよいと思います。

 

鼻詰まりは風邪やアレルギーが

多いとのことですが、

ほかにも細菌が悪さをしているかもしれませんし、

鼻の中にできものみたいなものが

あることなども考えられます。

 

そういった原因をはっきりさせないと

治療方法も決まりませんし、

使うお薬も変わってきます。

 

場合によってはお薬を使って治療するのではなく、

手術をしたほうがいい場合もあるかもしれません。

 

そしてお医者さんに診てもらったら、

面倒でもきちんとよくなるまで通うようにしましょう。

 

「だいぶ良くなったからもういいや」で、

途中で診てもらうことをやめずに、

きちんと通い続けたほうが治りやすくなりますよ。

 

特に細菌が悪さをしている病気だったりすると、

抗生物質が出されることが多いと思います。

 

この時はお医者さんがいいというまで

しっかり飲み続けることをお勧めします。

 

中途半端な抗生物質の飲み方をしていますと、

「薬剤耐性菌」といって抗生物質の効かない細菌を

生み出すことがありますから。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 

私としては鼻づまりのことで、

自分でできる対応というのは

一時しのぎのことが多いかなと思っております。

 

きちんと直したいのであれば、

まずはかかりつけのお医者さんか

耳鼻咽喉科のお医者さんに相談しましょう。

 

なかには

「昔に何度か診てもらったけど良くならなかった」

という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、今は昔と比べてお薬も種類が増え、

新しい治療法も出てきております。

 

ですので、

昔に診てもらってうまくいかなかった方も、

改めて診てもらえば今度はうまく治せるかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク