胃腸炎にはさまざまな種類があります。

なので、いくつか典型的な胃腸炎のタイプを理解しておくことが大切です。

この記事では胃腸炎全般について大まかに紹介し、多くの人が気になる感染経路や潜伏期間についてもお話します。

 

スポンサーリンク

 

胃腸炎って何?

%e9%9b%aa%e3%81%ae%e5%b0%91%e5%a5%b3

胃腸炎は、胃や腸に炎症が起こる病気です。起きる原因によって、胃腸炎はいくつかのタイプに分かれます。

主な症状は、嘔吐や下痢です。ストレス性のもの以外では発熱の症状があります。

 ウイルス性胃腸炎

ウイルスが原因でかかる胃腸炎です。ウイルスは、細胞に寄生して増殖する微生物です。例えば腸に侵入した場合、腸の細胞に寄生し、症状を引き起こします。

ノロウイルスロタウイルスなど、メディアでも取り上げられやすいですね。

ウイルス性胃腸炎についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

ウイルス性胃腸炎がうつりやすい時期はいつ?潜伏期間は?

細菌性胃腸炎

こちらは細菌によって起きる胃腸炎です。細菌とウイルスは、きちんと生物学では分けられるのですが、日常的には私たちは言葉をあまり区別しません。また、体に入った微生物がウイルスか細菌なのかは自分では分かりません。

食中毒が典型的な例です。

細菌性胃腸炎についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

細菌性胃腸炎はうつるの? その感染経路は?

感染性胃腸炎

病院や介護施設などでの集団感染によって起きる胃腸炎です。家庭でも、胃腸炎の方を看病している人がかかってしまう可能性があります。

ウイルスや細菌は、すべてが人にうつるというわけではありません。ですが、うつるタイプの細菌やウイルスだった場合には注意が必要です(検査を受けなければ、うつるかどうか以前に、細菌性かウイルス性かどうかも分かりません)。

感染性胃腸炎についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

感染性胃腸炎の原因は何? うつる期間と潜伏期間は?

 急性胃腸炎

急にお腹が痛くなって起こる胃腸炎ですが、原因はさまざまです。ストレスが関係していることもあれば、ウイルスや細菌が関係していることもあります。

潰瘍(かいよう)性大腸炎がその例です。

急性胃腸炎についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

急性胃腸炎がうつりやすい時期はいつ?その感染経路と潜伏期間は?

急性胃腸炎で熱が出る理由とは?いつまで続くの?

 ストレス性胃腸炎

最近かかる人が最も多いのが、この胃腸炎です。原因は日々のストレスで、それによって胃や腸に負担がかかるせいで起こります。大きなショックのようなストレスよりも、むしろ日々の些細なフラストレーションによって受けるストレスが積み重なるほうが実は危険です。自覚症状もほとんどありません。

過敏性腸症候群胃潰瘍がその例です(ウイルスが関連していることもあります)。

ストレス性胃腸炎についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ストレスからくる胃腸炎の症状を教えて!

 

スポンサーリンク

中にはこんなウイルスも…

外から病気の原因が入ってくるものだと思われがちの胃腸炎ですが、すべてのウイルスがそうとは限りません。

なじみがないウイルスですが、ディフィシルウイルスというウイルスが起こす胃腸炎があります。大部分の人がもともと腸に保有しているウイルスです。そしてウイルス撃退薬を使うと増えてしまうのが特徴です。薬に強いのですね。

何か別の病気で抗生物質を飲んでいて、その抗生物質が腸内のバランスを崩すことがあります。そのときにディフィシルウイルスは増えてしまうのです。薬が原因の、薬剤性胃腸炎です。

これも、高熱や下痢などの症状が出る胃腸炎のひとつです。

基本的な日常生活で人から人にうつることはありません。ですがトイレの介助などを手伝う場面では、全くうつらないといえません。現在看病や介護をなさっている方は、特に注意を払いましょう。手洗いとうがいを常に徹底しましょう。

例外的なものですが、こんな胃腸炎もあるのだと気に留めておきましょう。

ちなみにディフィシルウイルスは、ペットも持っています。ペットを飼っていらっしゃる方も特に注意しましょう。

 胃腸炎の感染経路と潜伏期間は?完治の目安は?

%e9%9b%86%e5%9b%a3

ウイルスや細菌にもよりますが、食べ物から感染する場合と、人から人に感染することがもっとも典型的です。ウイルス(細菌)の飛沫感染や空気感染によって、集団感染が起きる場合などがそうです。

また、看病や介護のときにウイルス(細菌)を取り込んでしまうことがあります。

また、先程紹介したディフィシルウイルスのように、もともと自分が持っているウイルスが原因になる場合もあります。

どの胃腸炎でも、およそ約2〜4日前後、自覚症状がないまま潜伏します。潜伏期間中に自覚症状がまったくないのが怖いところです。

そして、だいたいの胃腸炎が1〜2週間で完治しますが、病み上がりは体調を崩しやすいです。およそ1か月で、病気の前の元気な状態に戻れると考えておきましょう。ですが、重症化してしまった場合はもちろん治療は長くなります。完治までもっと長い期間が必要となります。

 まとめ

ウイルスの潜伏期間は約2〜4日です。そして最低でも完治までに1〜2週間がかかります。

そして、どんな胃腸炎であっても、手洗い・うがいを徹底することが大切です。

ウイルスは目に見えない以上、うつるウイルスなのかどうかはわかりません。病院での検査の結果を待つ必要があります。ですが多くの胃腸炎を起こすウイルスはうつるものです。うつるおそれも考えて、胃腸炎の対策をすることが大切ですよ。

 

おすすめ記事:胃腸炎が治らない!完治するまでの期間とそのサインとは?

 

スポンサーリンク