胃腸炎は、食中毒のような感染症をイメージされる方が多いです。ですがストレス性のものもあります。

急におなかが痛くなると、立っているのがつらいくらいなのは一緒ですが、原因が違うのですね。

この記事では、ストレス性の胃腸炎に焦点を当ててお話します。

 

スポンサーリンク

 

ストレスからくる胃腸炎の症状は?

ストレス

 

素人目では判断が付きにくいですが、症状はほとんど食中毒と変わりません。嘔吐や下痢、おなかの激しい痛みが出ます。

食あたりかどうか分からないところが怖いところで、ストレスによるものだとはなかなか分かりにくいです。

胃腸炎とは言っても、軽度のものではなく胃潰瘍になってしまっているおそれもあります。

ストレス性の胃潰瘍ですね。

ストレスが胃腸炎を引き起こすメカニズムは?

そもそもストレスは、胃や腸だけでなく、体のあらゆる機能に影響を及ぼすと言われます。胃や腸だけにストレスの影響が出る人もいますが、それだけではない人もいます。眼精疲労や偏頭痛、アトピー性皮膚炎なども併発する人もいます。

胃腸炎を引き起こすメカニズムは、「体のストレスへの防御機能が過剰になった状態」です。

ストレスを受けると胃腸の場合は、胃酸と腸の常在菌が、ストレスへの対抗を始めます。この抵抗は、人間がストレスから身を守るために不可欠なものです。

ですが強すぎるストレスに対して、体が追いつかないことがあるものです。

これが胃腸炎の原因となる、ストレスのメカニズムです。

 

スポンサーリンク

 

ストレスを解放することが重要!

喜ぶ男の子

すでに言い古されたことですが、ストレス性の胃腸炎を防ぐためには、ストレスの解放が必要となります。

特に、自分のフラストレーションの根本にある気持ちを解放することは、かなりのストレスの軽減につながります。

例えば、昔から自分がやってみたかったことに挑戦してみるのはどうですか。ほかにも、敗れた夢にもう一度取り組むのも、ストレスの解放につながります。

夢に取り組むこと自体に、ストレスを癒す効果があるのです。ひょっとするとあなたは、敗れた夢を成功させることに躍起になるかもしれませんが、それはかえって逆効果です。

取り組むこと自体が、ストレスで乱れた体のバランスを調整します。社会的に夢で成功しようと思う気持ちはわかりますが、ストレスという観点で見ると、それがかえって体のバランスを乱します。

それから、毎日の生活に夢を感じている人は少ないでしょうが、かえって自分の夢が精神的な重荷になっている人もいます。既に叶えた夢が、自分の人生の重荷になっている人もいます。

どんな人であっても、ストレスを日々感じながら生きており、いつ胃腸炎になってもおかしくありません。自分がやりたいことを既に人生で叶えている人さえも、胃腸炎になるおそれがあるのです。

自分がやりたいことをやれてない人が、ストレスを溜めることはもちろんあります。ですが、そんな人と同じくらい、自分のやりたいことをしている人も無意識のうちにストレスを溜めています。

ストレスの解放は、誰であっても例外なく不可欠です。

今自分がやりたいことをできていて、充実している人も、一度手を止めて休息の時間を持つことがいいでしょう。

やりたいことができていて充実している人は、バーンアウト(燃え尽き症候群)を起こしやすく、自己批判的になり、ストレスを溜めてしまうことがあります。

有給無給に関わらず、やりたいことができずに悩んでいる人に、手を貸すのはいかがでしょうか。あなたは、自分がうまくいった経験を伝えることができますし、悩める人の力になれます。

自分の置かれた状況に合わせて、ストレスを解放していくことが大切ですよ。

まとめ

体がストレスを防御しきれなくなったとき、胃腸炎の引き金を引かれてしまうといえます。

そのためにストレスの解放をすることが必要です。

自分が置かれている立場によって、ストレスの解放方法は違ってきますが、「私はストレスなんて溜めてない」と思ってしまわないことが大切ですよ。

 

おすすめ記事:急性胃腸炎の原因と症状は!?ストレスを解放しよう!

 

スポンサーリンク