インフルエンザのb型は、a型と比べると認知度が低いせいか、情報自体も少ないです。

ですが、かかる人は意外に多いです。

a型だと思っていたら、自分がb型だった…という人もいます。

この記事では、主にインフルエンザb型の治療薬にクロースアップしてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザは種類によって治療が違うの?

%e8%bf%b7%e3%81%88%e3%82%8b%e5%b0%91%e5%a5%b3

インフルエンザというと、多くの人はa型にかかります。なので、b型にかかること自体が初めてで、どんな治療を受けるのか分からない…という方も多いことでしょう。

それもそうなのです。a型のほうが広まりやすく、より凶暴で、一筋縄ではいきにくいのですから。

しかし、現在使われている治療薬を見てみると、基本的にはインフルエンザの種類によって、治療薬を分けているわけではないようです(とはいっても、例外もありますが)。

どの治療薬でも等しく、どちらの型でも効くようになっているようです。

お医者さんは当然のことだと思って、きちんとこの点を説明しない方が多いのですが、これでひとつ謎が解けましたね!

インフルエンザb型の治療薬の種類は? 気になる副作用は?

b型の治療に使われるのは主に、タミフルリレンザです。a型にかかったときに処方された方も多いと思いますが、それと一緒です。( そもそも、単に「インフルエンザです」と言って済ませて、型まで説明しないお医者さんが多いのも事実ですが…)

インフルエンザb型は、a型と治療法がどことなく違うイメージがありますが、a型とはかぶる部分が多いと言えそうです。

この記事では、タミフルとリレンザについてもう少し掘り下げてみますね。

《タミフル》

%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%95%e3%83%ab

発症してから1日以内に使わないと、効いてくれないというタイムリミットがあるところ…が欠点のお薬です。ですが、きちんと効果は認められており、メジャーに使われています。

カプセル剤のものが一般的です。

また、タミフルを服用することで幻覚が見える…といった副作用も報告されていますが、ただでさえインフルエンザのときには、意識がもうろうとするものです。

そこまで深く気にすることはありませんし、副作用を気にして飲まないほうが、命に関わってしまいます。

《 リレンザ 》

%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b6%ef%bc%92

リレンザはいわゆる、私たちが想像する「お薬」とは感じが違います。

というのも、リレンザはパウダーを吸入するお薬で、その吸入器がそのまま処方せんとして渡されます。

タミフルよりも認知度が低い印象を受けますが、比較的よく使われます。

副作用については、タミフルよりも出にくいと言われますが、全く出ないわけではありません。ショック症状が出ることがあるといわれます。

ですが、何の薬も使わずに放置しておくことのほうが危険ですから、それを考えれば副作用を恐れている暇はありません。タミフルの場合と同様です。

《 副作用の恐怖とどう向き合えばいいの? お薬を使うときの注意は? 》

薬を服用して副作用が出るかどうか、飲む前に予測することは不可能です。実際に飲んでみないと副作用が出るかどうか、そもそも分かりません。

お医者さんでさえも、あなたが薬を飲んだときに副作用が出るかどうか、その結果を確実に予測することはできないのです。

ですが、薬を飲まないほうがもっと危険で、命に関わることを思えば、多少の副作用を気にしていてはいけない…という見方もあるものです。

病気から救えるのに、副作用を恐れて敢えて処方しない…というのは、お医者さんの倫理に違反します。

患者さんである私たちは、かたくなにお薬を拒むのではなくて、適度な距離を保ちながら、お医者さんの厳重な処方のもとにお薬を使うことが必要です。

もし副作用が出たとしても慌てずに、お医者さんのもとにいつでも駆け込む心構えをしておくこと、そして看病する方は患者さんから目を離さないこと、これが大切です。

 

スポンサーリンク

 

独居の方の場合にはどうすればいい?

以前メディアでは、「無縁社会」という言葉が流行り、テレビでもよく特集が組まれていました。

言葉自体は最近は聞かなくなりましたが、「いざというときに助けてくれる誰かが、側にいない方」が減ったわけではありません。

インフルエンザだけでなく、独居の方の場合には、基本的には誰にも援助を頼めません。ですから、自分で自分の看病することになります。

特にショック症状が出た場合には、側で助けてくれる人がいるほうが心強いですし、それが一番安全です。

とはいっても、現実的にはなかなかうまくいかないもの…。

もしショック症状や副作用が出てしまったとしても、慌てないことです。ゆっくりと気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

大概、副作用は一時的なものが多いです。冷静でなくなってしまうと、さらに体の制御が効かなくなってしまいます。

ショック症状や副作用が出たときにも、「これまで通り、一人で切り抜けられる!」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

思い出してみてください。今までだって、あなたはこうして何とか緊急事態を切り抜けたきたはずです。

危機的な状況に瞬時に対応していく能力には、人一倍長けているはずです。

まとめ

インフルエンザb型の治療も、基本的にはa型とは変わりません。

お薬を使用しながら、少し長期戦にはなりますが、着実に治していきましょうね。

 

スポンサーリンク