インフルエンザの予防接種を受けても、インフルエンザにかかってしまう人はいます。

周囲の声に耳を傾けると、「予防接種をしたから今年はかからなかった!」という声や、「2回も予防接種をしたのに、インフルエンザにかかった!」という声を耳にします。

こんなに様々な声を聞くと、本当にワクチンの効果があるのか、疑問に思ってしまうのもうなずけます。

この記事では、あなたも気になっているインフルエンザの予防接種の効果について、詳しくお話します。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防接種には効果はないの?

%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae

インフルエンザの予防接種の効果については、受けた人に聞くのが一番早いもの。ですが、受けた人によって、効果がある人とない人がいるのは一目瞭然です。

ということは、インフルエンザには効く人と効かない(効きにくい)人もいるのですね。

ウイルスの進化のスピードや、インフルエンザだけでもあまりにも多い種類(A型・B型よりも細かい)があるのも、効きにくい理由のひとつです。

お医者さんによっても、様々な意見があります。ワクチンの効果については、説が一定しません。

ですが、ワクチンには感染予防には効果がなくても、いざかかってしまったときには軽症に抑えることができる…と考えるお医者さんが多いように感じます。

とは言っても、ワクチンを摂取したからといって、軽症で済まなかった人もいます。

絶対に効く…、とは言えませんが、いざというときの「保険」として摂取しておいて損はないはずです。

確実に効果があるかどうかは、今後の研究報告を待ったほうがいいかもしれません。

インフルエンザの予防接種を受けても感染する理由は?

人それぞれの免疫力にも関係があります。たとえば、お子さんやお年寄りは免疫力が低めなので、成人よりも予防接種が効きにくいかもしれません。

ほかにも、感染対策が十分でない時には、たとえ予防接種を受けていたとしても、かかってしまいます。

本当に元気はつらつとした人でも、一瞬のうちにインフルエンザで寝込んでしまう…ということもあります。

そういう人の場合には、たまたま強すぎる種類のウイルスをもらってしまったのでしょう。

とはいってもやはり、免疫力の強さや、感染対策を徹底しているかどうかが、予防接種の効果を上げているのではないでしょうか。

ワクチンさえ打っておけば感染しない…、というわけではなくて、それ以外の要因が、ワクチンの効果を後押しするのだと思います。

 

スポンサーリンク

 

人との関わりが多い人は要注意!

免疫力の高さを問わず、集団との関わりが多い人は、必然的にウイルスをもらいやすくなります。

たとえば、職業上、人との関わりが多くなる人、移動が多い方は、より注意が必要です。田舎よりも都会にお住いの方や、たくさんの人が行き交う大通りをいつも通っている方もです。

インフルエンザの予防接種の最適な受け方は?

できれば2回打っておくのがベターでしょう。とは言っても、ショック症状(アナフィラキシー)を起こす人がいたり、手足に力が入らなくなる(ギラン・バレー症候群)をまれに起こす人もいるといいます。

自分の健康状態の不安、病歴などについて、きちんとお医者さんに相談した上で受ける…、これが最適な受け方です。

ベルトコンベアー式に、「予防接種を予約して、打って、はい!おしまい」ではいけません。意外とアナフィラキシーやギラン・バレー症候群を起こす人が最近は多いそうです。

自分の健康状態に不安がない状態で、予防接種を受けてください。このような、予防注射の副作用(副反応)を絶対に起こさない保証はないのです。

予防接種にはお医者さん選びも大切!

%e5%8c%bb%e8%80%85%e9%81%b8%e3%81%b3

意外と言われないことですが、予防接種にはお医者さん選びも大切です。予防接種は1回限りで終わってしまうので、どうしても良いお医者さん選びをしようとする姿勢を忘れがちです。

ですが、予防接種を受けるときにこそ、良いお医者さんを選びたいものです。いつも受診しているかかりつけ医がいる場合には別ですが、最近では特に決まったかかりつけ医がいない…という方も多くなってきています。

まず、話しやすいお医者さんを選びましょう。自分の健康状態についてよく相談に乗ってくれるような方にしたいものです。

周囲の口コミを一度聞いてからお医者さんを選ぶのもいいですね。

もちろんお医者さんを選ぶのに迷いすぎてしまって、結局インフルエンザにかかってしまった…、となってしまっては、大変です。

ですから、考えすぎるのはほどほどにしないといけません。

だからといって、よく話を聞いてくれない先生でも困ります。ここの折り合いを付けるのが、何よりも大変なところです。

たとえ一回限りでも、評判の良いお医者さんにかかりたいですね!

まとめ

予防摂取をしても効果がない理由は一つではありません。その人によって様々です。

ですが、予防摂取をしておいて損はありませんよ。予防接種を積極的に、感染対策に活用してくださいね。

 

スポンサーリンク