インフルエンザの予防接種は、どうしても受けづらい…そう思う人も多いです。

理由は、日常生活の一部を犠牲にしないといけないからです。

予防接種を受ける前と後で、当然のことながら、望ましい過ごし方があります。

かえってそれが制約となって、日常生活に支障をきたす場合があります。

この記事では、予防接種前後の過ごし方を中心に、詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種の前の過ごし方は?

%e6%82%a9%e3%82%81%e3%82%8b%e7%94%b7%e5%ad%90

基本的には、いつも通り過ごすのがベストです。

ですが、予防接種の前にあまりにも気持ちを高ぶらせるようなこと、たとえばスケジュールを詰め込み過ぎたりするのは避けましょう。

健康的にもあまりよくありませんし、予約に差し支えるおそれもあります。

また、過度に衛生面に脅迫的になって、お風呂やシャワーで念入りに体をきれいにするのも、控えるべきです。

急な長湯は、入浴後に気分を悪くさせる原因です。普段から長湯を習慣にしている場合は別にして、長湯に慣れていない人が予防接種の前に長湯をするのは、予防接種に出かける以前に、入浴後に倒れる可能性を高めます。

特に秋から冬にかけては、お風呂と脱衣所の温度差のせいで倒れる方がいます(多くはお年寄りの方ですが、そうでない方も危険です)。

日中でも家の中は思っている以上に冷え込むものです。

知らず知らずのうちに体に負担をかけることは、やめておくのが一番です。朝の体操や運動が日課になっている人も、さすがに予防接種の予約日には、やめておくほうがいいでしょう。

このように「いつも通り」とは言っても、予防接種を受ける当日はかなり「いつも通り」とはいかないものです。

日常生活の一部を犠牲にしてまで受けたくないという人の多くが、このような理由にもとづいています。

インフルエンザ予防接種後の激しい運動と、大量の飲酒は厳禁!

特に注意されるのが、ワクチン接種後の過ごし方です。運動や飲酒、喫煙など、お医者さんから念入りに注意を受けたことがある方も多いのではないでしょうか?

インフルエンザの予防接種は日々の楽しみを一時的に奪ってしまう…、そう心境を述べる人もいます。

まさに事実で、運動、飲酒、喫煙を楽しみにしている人にとっては、予防接種はまさに受けたあとが苦痛です。

注射自体が苦手というよりも、むしろ予防接種後の過ごし方に対して嫌気が差している人も多いです。

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種のあとの良い過ごし方は?

気持ちに余裕をもって、のびのびと過ごすのが一番です。

もしも忙しくしていると、副作用が出たとしても目を向けず、ついつい病院へ行く機会を逃してしまいます。

万が一の場合に備えて、自分の体の不調(副作用)に鋭く気付くためにも、予防接種後はゆったり過ごすのが一番。くつろぐ時間を大切にしてくださいね。

くれぐれも、慌ただしくハードスケジュールをこなし続ける…ということは避けてください。激しい運動に匹敵します。

予防接種の日は自分の体調をいたわる日、と決めて、自分のために時間を使いましょう。

1年は365日と長いのです。年に1日か2日ぐらいは、一日中自分のために時間を割いてもいいはずです。

予防接種を受けるデメリットのひとつは、やはりこのような一時的に過ごし方の制限が付いてくる点です。この点はきちんと考えておく必要があります。強調して申し上げたいところです。

もしもこれから予防接種を受けに行く計画を立てている人は、(インフルエンザでなくても)スケジュール管理が大切になります。

予防摂取を立て続けに打つのはいいの?

%e4%ba%88%e9%98%b2%e6%8e%a5%e7%a8%ae

非常に稀なケースですが、インフルエンザとほかのワクチンを同時に打ちたい!はたまた打つ予定だという人もいます。

その場合は、きちんとお医者さんから指導はありますが、1週間後にほかのワクチンを打ってもいいと言われます。

ワクチンを同時に2本、立て続けに打つ…ということはないと思います。そもそもワクチンは、ウイルスを加工して作ってあるので、ただでさえ慎重さが必要なのです。

ワクチン反対派の人にとっては、加工は施してあってもワクチンを異物だと考えている人も多いです。

ワクチンはとても手軽なイメージがありますが、慎重な姿勢については、ワクチン反対派から学ぶこともあるものです。

安易に受けておしまい!いうものでは決してないのです。

まとめ

インフルエンザの予防接種を受けるには、この記事で紹介したような制約が付きまといます。

これらを承知した上で、余裕をもってワクチンを打ちたいものですね!

 

スポンサーリンク