花粉症を治すのには、様々な対処法があります。

その中でも、即効性がある西洋医学のお薬を使った治療法は、もっともよくなされます。

この記事では、花粉症に聞く西洋医学のお薬について、詳しく紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

鼻の症状におすすめの薬

お鼻の症状には、点鼻薬が有効です。市販でも、比較的購入しやすいのが点鼻薬。あなたも一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

点鼻薬は衛生的なスプレー式で、使い方も簡単。セルフケアにはぴったりです。もちろんお薬ですので、使用上の注意をきちんと守らないと副作用が出るおそれがあります。

使い方は簡単ですが、安易な気持ちで使いすぎないようにしたいものですね。

《市販薬編》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】大正製薬 パブロン点鼻クイック 15ml【SM】
価格:1036円(税込、送料別) (2017/2/25時点)

ネットでも購入しやすいのは、この点鼻薬ではないでしょうか?

あまりにも安いものは品質が心配ですし、安全に短期的に使用するならば、量が少なめのほうがいいです。

( ついつい量が多くて安いお薬を選んでしまうものですが、薬はたくさん使わないことに越したことはありません。また、薬は品質が劣化するので、家に大量にストックを抱えて置くことは控えたいものです。)

セルフケアとして、検討してみても良いと思います。

※ ネットでも購入できますが、薬局の薬剤師さんに、あなたに合ったもの選んでいただくのが一番です。

《処方薬編》

  • アラミスト点鼻液27.5μg56噴霧用

参考サイト:http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka_plain.cgi?n=15616

処方薬は、受診とセットで、お医者さんの指示のもとでいただきます。なので、市販薬よりもベターな選択だと言えるかもしれません。

できればきちんと診ていただいて、処方薬のかたちでお薬をいただくほうが、効果を実感するのも早くなると思います。

これは、アレルギー性の鼻炎に処方されるお薬です。ステロイド薬ではありますが、医師の指導を守りながら、本当に短期間だけ使うのであれば、高い効果を発揮します。即効性も高いでしょう。

しかし、ステロイドに依存してしまわないように、処方箋であっても慎重に使いたいものですね。

目の症状におすすめの薬

目の症状には点眼薬が効果的です。点眼薬も、点鼻薬と並んで種類が多く、しかも個人が市販で購入しやすいお薬です。

目は特にデリケートな部位。目薬の使い方には、市販薬があったとしても注意が要ります。ですが、使い方次第では高い効果を発揮します。

きちんと1日の使用限度量を守りましょう。

《市販薬編》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】【ネコポス対応可】マリンアイALG 15ml [佐賀製薬]
価格:321円(税込、送料別) (2017/2/25時点)

目薬と一口に言っても、様々なものが売られています。どれを選べば良いものか、迷ってしまうものです。もしもセルフケア用に目薬を選ぶならば、アレルギー対策専用の目薬を選びたいですね。

この目薬は、きちんとアレルギー対策用としてピンポイントで効果を絞っていますので、期待できます。

《処方薬編》

  • リボスチン点眼液0.025%

処方せんとしていただく目薬として代表的なものは、このリボスチンです。

花粉症など、アレルギー症状に対して効きます。コンタクトレンズをされている方は、残念ながらレンズを外して点眼しなければならないので、その手間が少し面倒かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

喉の症状におすすめの薬

現在では、多くの処方薬も個人輸入のかたちで、自己責任の上で購入できる時代です。

ですが、薬剤師さんやお医者さんのもとで、きちんと調剤していただくのがベスト。

紹介するお薬は、参考情報としてくださいね。
( 自己診断でお薬の個人輸入をするのは、あまりにも無謀です! )

自分にどんなお薬が合うのか、この記事の情報だけで自己判断するのは、あまりにも危険です。あなただけに合ったかたちで、あなたのために調剤してくださる専門家を訪ねるほうが安全です。

専門家のアドバイスをもとにしながら、あなたに合ったお薬や治療を選んでいくことが大切です。

《市販薬編》

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

久光製薬 アレグラFX 28錠「第2類医薬品」
価格:1404円(税込、送料別) (2017/2/25時点)

市販薬になってまだ新しいですが、アレグラというお薬は、アレルギー対策のお薬として有名です。

以前は処方せんでしか手に入らなかったお薬で、効果は高いです。

《処方薬編》

  • アレロック錠5

参考サイト:https://www.qlife.jp/meds/rx8735.html

処方箋としては、アレロックというお薬をいただくことがあります。かかりつけ医によると、アレグラよりも少し効果が強めなのだとか。

トローチのような、苦味と甘味が混ざったような味のお薬です。

まとめ

自分の体調に合ったお薬を選ぶことが、早期回復のポイント。

薬局に立ち寄る場合には、薬剤師さんに必ず相談して、一緒にお薬選びを手伝っていただくのがベストです。

あなたに合ったお薬を選ぶためにも、一人で悩みを抱え込まないことが大切。

誰かに頼ることは恥ずかしい、と思う方もいらっしゃるでしょうが、頼ってもらうことが専門家のお仕事。

お薬や症状についての不安を、薬剤師さんやお医者さんにきちんと相談することを忘れないでくださいね。

 

おすすめ記事:【2017年花粉症対策グッズ】でツライ時期を乗り切ろう!

 

スポンサーリンク