花粉症で悩む方は後を絶ちません!

また、症状の出方も人によって様々で、どんな対処法が良いのか悩む人も多いです。

中には、頭痛だけが出る花粉症に悩まれる方もいます。

こんな時、どのように対処すれば良いのでしょうか?

この記事では、頭痛だけが出る花粉症について、詳しくお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

花粉症で頭痛が起きるのはなぜ?

頭が痛いときというのは、水をたくさん飲むと症状が和らぐと言われます。頭痛が起きる原因はいくつかあり、対処法もさまざま。

原因のひとつに、脳に酸素が足りていないために頭痛が起きる場合があります。

花粉症になると、鼻詰まりや喉の炎症のせいで、呼吸がスムーズにできません。鼻詰まりによって、鼻のコンディションが悪いのが、頭痛に繋がっているようです。

花粉症で頭痛が起きる場合と言うのは、どうやら脳に酸素が足りていないために起こる症状なのですね。

それから、花粉症というのは季節性の鼻炎でもあります。鼻炎、蓄膿症が頭痛をもたらすこともあるのです。

鼻のコンディションが頭痛に関わっているのでしょう。

花粉症で頭痛が起きたときの2つの対処法

鼻はとてもデリケートな器官なので、むやみなセルフケアは控えたほうがいい…という声もあります。
この記事では、本当に実践しやすい、簡単なものだけを取り上げます。

呼吸器、お鼻やお耳に不調がある方は、耳鼻咽喉科の先生に相談した上で行なってくださいね。

《 タオルを使う方法 》

この方法は、最も簡単な頭痛の応急処置です。冷やしたタオルをよく絞り、目と額に当てて、しばらく安静にします。

ですが、かえって冷たさのせいで頭痛がひどくなってしまうこともあるので、ぬるま湯がちょうど良いかもしれません。

人によっては、冷水が良いという人もいます。

これは直接鼻に対して行うセルフケアではないのですが、頭痛には良いと思います。

《 ハーブティーを飲む方法 》

ハーブも民間療法では比較的よく使われます。完全な西洋医学のお薬の代用にはなりませんが、体に良いです。一生西洋医学のお薬を飲み続けるよりも、ハーブのほうが良いということは言うまでもありません。

ハーブティーの中でも、カモミールラベンダーは、頭痛に効果的だと言われるハーブです。飲み過ぎはいけませんが、香りも良く、鼻の通りを良くしてくれます。

ハーブの効果については、すべてが科学的に証明されたわけではありません。副作用が怖いと言う声も耳にします。その使用には注意が必要です。

ハーブは、西洋医学が発達する前には、お薬として使われてきた歴史があります。西洋医学のお薬というのは、もともとこうしたハーブから有効成分を抽出してきました。ハーブもお薬ですから、西洋医学のお薬と同様に、注意深く使いたいですね。( セルフケアでは自己責任となります。)

マイナーなハーブですが、メドウスイートというハーブもあります。これも頭痛に効果的です。

 

スポンサーリンク

 

セルフケアを実施する上で注意すべきことは?

花粉症の頭痛を緩和させるために、ここまで、いくつかセルフケアの方法を見てきました。どれも気軽に実践できるセルフケアですので、是非取り組んで見ましょう。

なお、慢性的な頭痛に悩まれている方はまず、かかりつけ医に相談することをおすすめします。もしかすると、その頭痛は季節性ではないかもしれません。花粉症以外の原因があり得るかもしれません。

セルフケアは、あくまでも効果が穏やかな民間療法。即効性はあまりないことも心に留めておきましょう。( 即効性がある対処法というのは、その多くが医療行為で、私たち素人では行えません。)

自分にできる範囲で対処するのがセルフケア。ひどいときにはひとりで悩まず、速やかにお医者さんに相談しましょう。

また、民間療法を専門とする治療家のもとを一度訪れるのもいいです。正しいセルフケアの方法や注意事項について、直接学んでおくのも良いでしょう。西洋医学のお医者さんとは違った対処法やアプローチを試みて下さいますよ。

民間療法の治療家は、民間の専門資格を持つ方で、国の医師免許を持っていない方も多いです。ですが、民間療法を専門家であることには変わりありません。(伝統ある民間療法だからこそ、国の資格とは別個なのでしょうね。)

きっとあなたの良いアドバイザーになってくださる方もいらっしゃるはずです。

また、セルフケアを実践しながら、西洋医学のお医者さんに診ていただくのも良いです。民間療法だけ、西洋医学だけ…というように、どちらかに偏りすぎないことも大切です。

まとめ

花粉症の頭痛も、とてもつらい症状のひとつです。

鼻のコンディションを整えることが、頭痛を和らげる鍵になりそうです。

とは言っても、頭痛の原因はさまざま。本当に厳密な理由を知りたいときには、お医者さんにじっくり診ていただくのが一番です。

季節性の花粉症が原因でない頭痛の場合もあり得ます。たとえ別の病気だったとしても、早期発見できれば何よりです。

まずは無理のない範囲で、セルフケアに取り組んでみてくださいね。

 

おすすめ記事:2017年花粉症のピークはいつからいつまで?【花粉別】

おすすめ記事:【2017年花粉症対策グッズ】でツライ時期を乗り切ろう!

おすすめ記事:厳選!花粉症対策に有効な食事・食べ物2選と飲み物2選!

 

スポンサーリンク