子供の熱はただでさえ治りにくく、一刻も早い診察が必要になります。

ですが、熱があるにもかかわらず、元気な場合というものもあるものです。

親御さんとしては、熱があるのに元気だと、なお一層心配になってしまうところです。

この記事では、お子さんに熱があるのに元気な場合、どんな対処法を取るべきなのか、詳しく見ていきますね。

 

スポンサーリンク

 

子どもが熱を出す原因は?

子どもが熱を出す原因として最も多いのが、ウイルス細菌感染です。

お子さんはまだ免疫力が弱いです。それゆえ、ウイルスや細菌にかかりやすいのです。

熱が出ることは、体がウイルスや細菌と戦っているという意味です。

親御さんはまず慌ててしまうところですが、まずは落ち着きましょう。

熱が出るということは、正常なこと。お子さんはとても苦しんでいますが、体調が良くなるためには欠かせないことです。

それから、子供は大人に比べると、体温は高いです。なので、平熱が高めだというお子さんもいらっしゃることだと思います。そういった場合には、本当に熱があるのか、見分けが付きにくいこともあるかもしれません。

お子さんがぐったりしていたり、だるそうだったり、呼吸が荒くなったりしているときには、明らかに異常事態です。

体温に関わらず、お子さんが苦しそうかどうか( 元気そうに見えても )、慎重な目で見極めましょう。

病院を受診するべき?

子供さんに熱があるときは、状態に関係なく病院を受診するべきです。

熱が高くて元気であっても、念のため病院で診てもらいましょう。

というのも、子供の場合、単なる熱というわけではなくて、様々な重大な隠れている場合がほとんどです。

肺炎、インフルエンザ、おたふく風邪、麻疹(はしか)など、疑いだしたらきりがありません。

もちろん素人判断をするのは危険ですから、お医者さんに正しい診断をいただくようにしてくださいね。

早期発見・早期治療が一番です。発熱に気付いた時点で、病院を受診するのが理想的です。セルフケアで治そうとせずに、きちんと専門家であるお医者さんの力をすみやかに借りましょう。

免疫力が弱い子供は、小さいときには、何かしらの病気にかかるもの。病院のお世話になることは決して恥ずかしいことではなく、いたって普通のことですよ。

 

スポンサーリンク

 

幼稚園や学校は休ませるべき!?

大事を取ってきちんとお休みすることが、正しい判断だと思います。

無理をさせ出席させてしまい、さらに体調が悪化してしまうおそれもあります。

それを考えて、治療と休養を最優先にするべきです。

きちんとお医者さんから診断書をいただくことで、出席扱いにしてもらえる感染症もあります。それだけお医者さんの診断書は説得力があるものなのです。

無理をさせ出席させたり、無断欠席をしてしまうことがないようにしたいものです。お医者さんからの診断を追って伝える、と幼稚園や学校には予め電話しておきましょう。

お休みの日の授業や宿題についても、何らかの形で配慮していただけるよう、これも忘れずに予め伝えておいてくださいね。

それから、幼稚園や学校に復帰する際も、お医者さんからのOKを頂いてからにするのが一番安心です。

くれぐれも、お医者さんにかかりっぱなしにしておしまい、ということになってしまわないようにしたいものですね。

お風呂に入れても大丈夫?

お風呂についても、お医者さんからの指示をいただかなければいけません。

お風呂に入ることで免疫力を上げられる…という声も耳にしますが、素人判断しないことが一番安全だと思います。

一番良いのは、お子さんに実際質問してみることです。

「今日はお風呂入りたい?」と尋ねて、いやだと返ってきたら、お風呂に入れないべきです。

お子さん自身の直感を大切にしてあげるのがいいと思います。

お風呂に入れる場合も、入浴前と入浴後にきちんと熱を測って、体調の変化を注意深く見守ってあげましょう。

それから、湯冷めをして、かえって症状がひどくなってしまったりすることが心配ですね。浴室と脱衣所の温度差がなるべくなくなるように、暖房器具を効果的に使いたいところです。

お風呂では、発汗によって水分が失われますから、水分補給も忘れずに。

まとめ

お子さんの体調が悪い時には、決して無理をさせずにお休みさせるのが、親御さんとしてできる正しい判断だと思います。

お子さんを、療養にしばらく専念させることが、早く元気を取り戻させるポイントです。

お子さんの体調を思いやった選択をしていきたいですね!

 

おすすめ記事:子どもの熱が下がらない!肺炎の可能性も!親が取るべき対応は?

 

スポンサーリンク