ノロウイルスという言葉と同じくらい、最近は「感染性胃腸炎」という言葉を耳にすることが多くなりました。

この記事では、この2つの言葉の意味の違いと、療養食についてもまとめてお話します。

 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスって何?

%e9%a1%95%e5%be%ae%e9%8f%a1%ef%bc%91

ノロウイルスとは、胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。もちろんウイルスですから、あまりにも小さな生命体(微生物)ということですね。顕微鏡を使わないと見ることができません。

最も基本的なことですが、ウイルスは肉眼では見えません。誰もが分かっていることですが、だからこそ恐ろしいのです。自分にうつったかどうか発症するまで分からず、食品についているかどうかもわかりません。

根本的なウイルス対策は、現段階では難しいと言えます。ですが、近未来にはもしかすると、ウイルスが見えるようになる眼鏡やコンタクトレンズのようなものが発明されるかもしれません。

完全なウイルス対策は、あと数百年は待つ必要がありそうです。

ノロウイルスもいずれは見えるようになる日が来るかもしれません。その意味で、ウイルス対策に対して、決して失望することはありません。

感染性胃腸炎とノロウイルス胃腸炎の違いは何?

よく耳にする言葉に、「感染性胃腸炎」という言葉があります。「ノロウイルス胃腸炎とどう違うの?」と疑問に感じるところですね。

この2つの違いは、意味の広さの違いです。

「感染性胃腸炎」は、とても広い意味です。ノロウイルスやカンピロバクター、ロタウイルスなど、これらのウイルスによってかかる胃腸炎の総称です。

対して「ノロウイルス胃腸炎」とは、「感染性胃腸炎」に含まれる胃腸炎の種類のひとつのことです。より詳しい、ウイルスを特定した言い方ですね。

意味する範囲の広さが違っているのです。「ノロウイルス胃腸炎」と言った時には、「感染性胃腸炎」のひとつのタイプ(類型)ということになります。

それから、感染症のタイプ分けは、ウイルスによってなされることが多いです。なので、「ノロウイルス(胃腸炎)」という言い方があります。また、胃腸炎という言い方が省かれるのが一般的です。

 

スポンサーリンク

 

 ウイルスで起こるのは感染性の病気だけなの?

じつは、生活習慣病とされる癌に、ウイルスが関わっているということが分かってきました。

今までだと、生活習慣病はその人自身の問題で、ウイルスは関係ないと思われがちでしたが、そうではなくなってきたのですね。これは私たちのイメージを変える、新たな発見です。

もしかすると今後も、新種のウイルスが発見されたり、まだ見つかっていないウイルスの特性が、発見されるかもしれません。

ノロウイルスについても、今後新たな特性が何か見つかることが、ありえるかもしれません。

例えば、胃腸炎というとよくストレスがイメージされます。

あくまでも例ですが、ノロウイルスとストレスが繋がり合っている、という私たちのイメージを一変させてしまうような説がいつか出るかもしれませんね。

ノロウイルスにかかったときに、食べてはいけないものはあるの?

%e9%a7%84%e7%9b%ae%e5%b0%91%e5%a5%b3

人にもよりますが、食物繊維をとることでかえって下痢をしてしまう人もいます。また、冷えた生野菜も胃腸に悪いこともあります。

また、肉類は消化に負担になると言いますし、乳製品でかえって気分が悪くなる人もいます。柑橘類でお腹が刺激されてしまうこともあります。

砂糖は白血球を弱めて、抵抗力を削いでしまうという人もいます。

こう考えていくと、食べられるものが何もなくなってしまいます。

なので、食べ物に制限を設けることはあまり良いことではありません。明らかに食べづらいと感じる、脂っぽいものや塩味・辛味が強いものは避けて、あとは自分が食べやすいと感じるものを食べるのが良いでしょう。

「食べられそうなものから食べていく」ということをモットーにしましょう。

ひとつの参考として、体を修復する働きがある、ビタミンやミネラルが含まれる野菜と果物を中心に食べるのがおすすめです。気分が悪くなったり、体調に何か悪い変化が起きた時には、すぐにやめ、別の食品を次に試すのがベストです。

食べ物にも副作用があるの?

食べ物を治療薬として使ってきた歴史は、私たちが普段目にする西洋医学の錠剤や粉薬よりも長いと言えます。

食べ物自体に薬効があるということを、化学が発達するずっと昔から、先人たちは気付いてきました。

同時に、食べ物にはとり方によって副作用もありえると伝えられても来ました。食べ物には、食べ方やとり方によって効果が変わる、「諸刃の剣」とも言える側面もあるのですね。

普段の食事でも、食べ合わせや調理法に気を付けながら、食事を楽しみたいものですね。

 まとめ

ノロウイルスは、胃腸炎を引き起こすウイルスで、感染性胃腸炎の一種です。

療養食に不安がある人も多いですが、今自分が食べやすいと感じるものを選ぶのがいいでしょう。

胃腸炎にかかった時には、これまで以上に胃腸をいたわりながら、治していきたいものですね。

 

ノロウイルスの予防・治療時の食事につての詳しい情報は以下の記事を参考にして下さい。

ノロウイルスの治療時に最適な食事とは? 通常食はいつから?

ノロウイルスの予防・治療中におすすめの食べ物6選

ノロウイルスに感染するのは免疫力が低い人!免疫力アップ法4選!

 

スポンサーリンク