検査といっても、結果が分かるまで数週間もかかるような、あまりにも厳密すぎる検査はおすすめできません。

なんといっても検査の方法や、結果が分かるまでの時間がなるべく簡単なものが一番です。

検査をしている間にも、病気は体の中で進行しているのですから。

この記事では、ノロウイルスの場合の簡易検査についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

検査の料金や時間は?保険は利かないの?

%e7%97%85%e9%99%a2

ノロウイルスの場合には、病院で簡易検査が実行されていて、およそ20〜30分で検査結果が分かるという手軽さです。

保険は利かず、成人で普段から健康な方は、費用をポケットマネーから全額(およそ五千円)を出さなければいけません。

ですが殆どの場合、お医者さんの問診によって、病名はほぼ明らかになります。

何のウイルスかを確定させなければならないほどに、衛生管理に気を遣う方(理化学系・医療系・介護系などのご職業の方)でない限り、この検査を受ける必要はないでしょう。

既往症があったり、現在別の病気で治療を受けている方などは、とりわけ治療が慎重になることもあり得ます。誤診の心配がある場合や、念のために化学的なデータを取っておくべきだという場合を除いて、おそらくお医者さんは検査をすすめないでしょう。

基本的には保険が利かない検査ということもあって、お医者さんとしてもおすすめされない方が多いようです。

化学的なデータの必要性については、お医者さんときちんと相談してください。
( 専門病院に紹介をされるような場合には、ひょっとすると簡易検査の必要性があるかもしれません。ですがこういう方はごく稀で、他に別の病気がある方でしょう。)

検査キットはどんなものなの?検査方法は?

%e5%95%8f%e8%a8%ba

肛門から綿棒を使ってサンプルを採取する方法です。迅速で簡単な検査といっても、積極的に受けたいとは感じられない検査ですね。

お医者さんがこの検査をおすすめしないもうひとつの理由は、この検査方法にあります。

検査を受けるのには少し勇気が要りますし、検査方法としても本当に「手軽」とはいいにくいところです。
たしかに迅速ですが、検査を受けるよりも先に、点滴をして安静にさせることを優先するお医者さんも多いと思います。

検査といっても、体に潜伏していて症状が現れていない場合には、陰性の結果が出ることもあります。
簡単な検査なので仕方がないですし、検査も絶対に正しいことを保証できません(どんな検査でもそうかもしれませんが)。

検査以上に、お医者さんの問診の腕を期待するほうが良いかもしれません。

 

スポンサーリンク

化学的な検査は完璧ではないの?

じつは検査でも見落とされてしまう病気はあるのです。例えば、人間ドッグや胃カメラが良い例でしょう。

どれだけ調べても異常はないのに、まったく違う病気が見つかった!という例です。

感染症ではそのようなことはあまりないですが、検査結果を過信してしまうのは危険な一面もあります。

病気にもよりますが、お医者さんの問診と検査をミックスさせて、誤診のない診断をきちんといただくのが一番です。

ノロウイルスの場合は、検査なしで問診のみで診断がくだることがほとんどです。なので、問診と検査のミックスはありませんが、他の病気の場合ではそれはありえます。

病気によって、検査が役に立つかどうか、検査自体の必要性そのものも変わってくるわけです。

自宅で出来る簡易検査キットはないの?

%e6%a4%9c%e6%9f%bb

「簡易検査キット」というくらいですから、自宅でも検査をできてしまう気がしますね。ですが、自宅用の検査キットは現在のところはなく、病院のみということになります。

現在は妊娠検査キットなど、自分で自分を検査できる道具が薬局で購入できてしまいます。また、遺伝子検査も徐々に一般的になりつつある時代です。

ですからノロウイルスの検査キットも、肛門からサンプルを採取するようなものでなくても、何か良い道具が売られている気もしてしまいます。

ですが不思議なことに、自宅用の感染症検査セットはまだない状態です。

おそらく将来的には、肛門からサンプルを取るよりも、もっと良い方法で家庭で検査できる道具が、何か開発されるかもしれません。将来は、多くの人がその恩恵を受けることでしょう。

また、潜伏期間であっても陽性を示してくれるキットも生まれるかもしれません。それが家庭向けに販売されたら、その時には、今よりもノロウイルスの対策はしやすくなっていると思います。

将来は保険が利くようになるかもしれません。

いちいち病院で何でも診てもらうのは面倒…、と思う方も多いでしょう。ですが、「家庭向けのキットが出るまでの我慢」だと思って、お医者さんの問診をきちんと受けてくださいね。

まとめ

ノロウイルスの検査キットは、保険適用ではなく自費の検査となります。

肛門からサンプルを取るもので、30分もかからずに結果が分かりますが…、なかなか「手軽」や「簡単」というイメージとは程遠いかもしれません。

患者さんの心理的な面も考えて、すすめないドクターさんが多いと思っておいて間違いありません。

 

おすすめ記事:ノロウイルスの初期症状は吐き気?便の特徴から一目で分かる!?

 

スポンサーリンク