ノロウイルスにかかると、胃腸炎ということで食事もなかなしづらくなります。

ですが、きちんと口から栄養をとることが、完治への何よりの近道です。

この記事では、ノロウイルスにかかった時に良い栄養素と食事について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスに良い栄養素は?

%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

ノロウイルスは感染症です。

なので、感染症に良い栄養素や食事法が、結果的にはノロウイルスにも良い栄養素や食事法になります。

感染症に良い栄養素はいくつかありますが、ビタミンAや銅が効果的です。

《 ビタミンAの効果は?》

「ビタミンCは知っていても、ビタミンAはよく知らない…」とよく言われますがその通りで、ビタミンAはあまりメジャーな栄養素ではありませんね。

ですが、感染症にはぴったりの栄養素です。

のどや鼻などの粘膜を健康に保ち、ウイルスから保護します。

また、ビタミンAは、肝臓に約数ヶ月分ストックがあるのですが、体内で少し減ってしまうだけでも、感染症にかかりやすくなると言われます。

《 銅の効果は? 》

%e9%8a%85

銅と聞くと、金属がイメージされますが、まさしくその通りです。

人間の体はじつは、鉱物からもできていて、食事から栄養として、鉱物をとる必要があるのです。

もちろん、ロボットのように全身が鉱物というわけではありませんから、必要とされる量はごくわずかです(どんな栄養でももちろん、過剰摂取はいけません)。

ですが微量であっても、体内の鉱物の量が少しでも減ると、健康に問題が出ます。

常に一定の量を、体内でキープしなければいけません(ビタミンAといっしょですね)。

銅は、体の防御システムや神経システムに深く関わります。エネルギーを生み出す原料として活躍します。

それから、抗酸化作用によって細胞を守ったりもします。

それから、体に吸収される時に、銅は亜鉛や鉄とは相性が悪いです。レーズンやプルーンを一緒にとるのは避けるほうがいいかもしれません。

ノロウイルスのときにおすすめの食べ物は?

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%80%81%e5%8d%b5%e3%80%81%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc

全乳や卵、バターにビタミンAは含まれています。卵料理やバターをパンに塗って食べるのがおすすめですよ。

パンは、銅が多く含まれる、全粒穀物や小麦麦芽を使ったものにしてみましょう。

全粒穀物を使った食品のせいで、かえって下痢を起こしてしまう人もいるのですが、体に合いそうならば積極的にとりましょう。

 療養食を作るときに注意すべきことは?

塩分控えめの菜食が、療養食の基本となります。調理法も、蒸すなど栄養素が壊れにくいものを選びます。

また、加熱して食べられるものを選びます。なまで食べることは基本的には避けます。

加熱には殺菌効果がありますが、それだけではありません。食感も柔らかめになるので、のどの通りもいいです。

それから、温かい食べ物のほうがお腹にやさしく、満腹感も感じやすいものです。

ちなみにくん製は避けたほうが良さそうです。くん製を作る時には、木を燃やします。その時に出る化学物質が、細胞のがんを促すおそれがあると言われます。

これは、実際にくん製を食べた人ががんになったかどうかの研究ではなく、実験室で行われた研究の結果です。実験室での結果が現実でも当てはまるかどうかは、微妙なところでもあります。信憑性については、絶対に確実だとは言いがたいですが、くん製は食べないほうがいいでしょう。

いぶすことも加熱調理法の一種ですが、注意が必要ですね。

 

スポンサーリンク

 

療養食は1種類だけではない?

療養食といっても、治したい病気や必要とする栄養素によって、たくさんのタイプがあります。よって、療養食イコール1種類、ということではありません。

病気によっては、低タンパクの食事(一般的には「高タンパク低脂肪がヘルシー!」と言われがちですが)がすすめられたり、炭水化物を多くした食事(最近は「糖質制限こそがヘルシー!」と一般に言われがちですが)が良いとされる場合があるのです。

一般的に言われることとは裏腹に、人それぞれに対応した形の療養食がすすめられることもあるのです。

 

もしも、自分がとるべき療養食に不安がある時には、診察を担当してくれたお医者さんに相談してみましょう。きっととるべき栄養についても、細かくあなた自身に合った内容で、アドバイスをくれるはずですよ。

いつから通常食に戻すべき?

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e9%a3%9f

完全に通常食へ戻すのは、完治してからにするのが良いでしょう。発症前の状態に戻るまでは、しばらくは療養食を続けましょう。

一気にではなく、徐々に戻していくことが大切です。

それから、完治後は、健康に一層気を遣った通常食にすることをおすすめします。発症前の通常食よりも、発症後の通常食をよりヘルシーなものにしてみましょう。

将来の病気の予防のためにも、完治後の通常食にも、療養食と同じくらい気を回してみてくださいね。

まとめ

ノロウイルスの治療時には、感染症全般に効く食事が有効です。ビタミンAや銅をとるのがおすすめです。

卵料理や全粒穀物のパンがいいですね。

療養食から通常食へは、回復の具合に合わせて、徐々に戻していきましょう。

念のため、発症前の健康状態に戻るまでは、療養食を続けるのがいいかもしれません。

 

おすすめ記事:ノロウイルスの予防・治療中におすすめの食べ物6選

 

スポンサーリンク