ノロウイルスの予防のためには手指消毒は不可欠です。

手指消毒」というと、とても難しそうな響きで、専門用語にも聞こえます。ですが、大して難しいことではありません。

「手指消毒」イコール「手洗い」と考えても間違いありません。そこにアルコール消毒を加えた言い方、とでもいいましょうか。

「手洗いなしには感染症を防ぐことは難しい」と言われるくらいに、手洗いは重要な習慣になります。

そこにアルコール消毒も加えれば、万全の対策です。

よく「手指消毒」というと、手の洗い方がクロースアップされます。ですが、アルコール消毒も極めて重要なノロウイルス対策です。

この記事では、ノロウイルスのみならず、感染症全般を防ぐのに役立つアルコール消毒について、詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

消毒液には種類があるの? 手指消毒に適したものは?

%e6%af%8d%e8%a6%aa%e3%81%a8%e5%ad%90%e4%be%9b

あまり気に留める機会は少ないですが、消毒液にはたくさんの種類があります。

医療機器を消毒したり、傷口を消毒したり…、用途によって使い分けられています。

イソプロパノール、オキシドール、エタノール…など、様々な消毒液があります。中には医療や化学をきちんと学習した人でないと分からないようなものまであり、その種類は多岐にわたります。

オキシドールやエタノールは、医療従事者でない私たちにも、ある程度は馴染みがありますね。

特に手指の消毒に適しているのは、エタノールです。エチルアルコールと呼ばれることもあります。

アルコール消毒液に含まれているのもエタノールです。アルコールは火気厳禁で蒸発もします。また、アルコールの種類によっては極めて危険なものもあります。

ですが、比較的安全で使いやすい(もちろん火気厳禁ですが)のが、エタノールです。

 

スポンサーリンク

 

消毒液の効果的な使い方は? 手荒れが心配な人は?

手洗いをした後に使うことが最も適しています。手洗いをきちんとすることで、手についた汚れをきちんと落とします。それからアルコール消毒をすることが、万全な対策です。

手が荒れやすい…という方も多いですが、その理由は、すすぎが足りないせいかもしれません。手が荒れやすいせいで、アルコールがしみて、アルコールを使えないという方も多いです。

どういうことかというと、手洗いの段階で入念にすすぎをしていない、ということです。

石けんを指に入念になじませたとしても、すすぎを手早く終わらせてしまうなら、それはもったいないことです。

帰って手を荒らし、ひびから細菌が入ってしまいます。消毒のための手洗いが、かえって逆効果です。これは絶対に避けたいことです。

手荒れは、アルコール消毒だけでなく、日々の手洗いにも良くない影響を及ぼします。それは、普段使う石けんさえも、しみてしまうということ。

これでは、更に手洗いも億劫になり、細菌を寄せ付けてしまう結果になります。

現在手荒れで悩む人は、荒れている箇所を避けながら、消毒液を指に塗ることがおすすめです。手荒れはやはり健康上良くありません。

ノロウイルス対策・その他の感染症対策と共に、手荒れを治すことも重要な課題となります。

ほかの方法としては、手洗い後には、ワセリンや保湿効果のあるハンドクリームを塗るのもいいです。アルコール消毒を本格的に始めるのは、手荒れを治してからにするのもいいですね。

特に植物から抽出された成分には、殺菌作用もあわせ持つものも多いです。植物の多くは、自分を守るための成分を持っており、それが人間にとっても有用なのです。

アロエやユーカリなどは、特におすすめです。

手指消毒液を使うときに注意することは?

%e6%b6%88%e6%af%92%e6%b6%b2

手指消毒液には火気厳禁のものも多いので、キッチンに置いておくのは避けたいところです。

最近では住居の狭さや、動線の問題から、洗面所に行くのは面倒…という方も多いです。普段の手洗いや洗顔をキッチンで済ませられる方も多いです。

手洗い用の石けんや歯ブラシ、剃刀がキッチンに置いてあるご家庭も多いと聞きます。

ですが、火気を取り扱うのがキッチンの大きな仕事です。そこに火気厳禁の薬品(基本的に多くの液体薬品は火気厳禁です)を置いておくのはじつは望ましくないことです。

狭いアパートに住んでいらっしゃる方ならば、なおさら火事には注意しなければいけません。

なるべく消毒用アルコールやマウスウォッシュ、うがい液など(すべてアルコールが含まれるものです)は、面倒でも戸棚にしまっておくのがベストです。

他にも、アルコールの危険性を自覚してないお子さんには、あまりアルコール消毒は向かないかもしれません。

「なめてはいけない!」ということを分かってもらう必要があります(マウスウォッシュなどで使われるものは、手指用のものとは違う加工がしてありますが、飲むのは基本的には危険です)。

お子さんの発達段階(個人差があります)にもよりますが、無理にアルコール消毒をさせられない場合もあると、気に留めておきましょう。

まとめ

ノロウイルスの手指消毒に適しているのは、エタノールです。手洗いの後に使うのが効果的です。

火気やお子さんに注意して取り扱ってください。

ノロウイルス対策のために、アルコール消毒を是非始めてみてくださいね。

 

おすすめ記事:ノロウイルスに感染するのは免疫力が低い人!免疫力アップ法4選!

 

スポンサーリンク