ノロウイルスについての知識を深めることは、同時に感染対策につながります。

ウイルスはどうしても怖いイメージがあるせいか、その実態がなかなか知られていません。

顕微鏡写真を見ても、犬や猫のように、決してかわいいとは言えませんね…。

ですが、感染症についての勉強は、まさにウイルスの勉強です!

きちんと潜伏期間や生存期間を知って、日々の予防に役立てましょう。

 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスがうつりやすい時期はいつ?

%e6%b3%a3%e3%81%84%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e7%94%b7%e3%81%ae%e5%ad%90

感染症全体から見ても、特にノロウイルスはかなり厄介者です(本当はどのウイルスも厄介者ですが)。

一度、集団感染が起こるとまたたく間に広がって、大きな被害をもたらします。

免疫力が弱いお子さんやお年寄りがいる、保育園や老人ホームで集団感染が起こることは、大きな悲劇です。

特に冬場に注意が必要で、どの保育園や老人ホームも、冬場は特に感染症対策には気を遣います。

もちろん成人の方も、道行く方からもウイルスをもらうおそれはありますから注意しましょう。

それから冬場とはいっても、地球温暖化のせいもあって、近年は実際の季節と暦はかなりずれています。これからの気候の変化は予測不可能です。

それを思えば、季節を限定せずとも、ノロウイルスが流行する確率は高いでしょう。

冬場の対策に加えて、冬の変わり目となる、その前後の季節、秋と春にも気を抜かないことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

ノロウイルスの潜伏期間と生存期間は?

ノロウイルスの潜伏期間は、その人の免疫力にもよりますが、たいてい1日から2日で症状が出ます。

またノロウイルス自体の寿命は大体最長で1か月くらいです。とは言っても、ウイルスは動物や植物とは違います。

人間に寄生し、人から人に無限に感染をしていき、増殖していきます。

最短でどれくらいか、というのは何とも言えません。人や動物にわざとウイルスを入れて、ウイルスの平均寿命を測る実験は、倫理的に許されません(現在、犬や猫への感染はないとされています)。

薬が効いてノロウイルスが完全に体内から排出される最短日数、およそ2週間くらいが最短の生存期間でしょう(免疫が弱い幼い子は1か月以上かかることもあり、年齢や免疫力にも左右されます)。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%b9

「ウイルスひとつが個体としてどれくらい長く生存できるか?」という問いはあまり意味をなさないかもしれません。

ウイルスには性別はありませんし、一度棲みついたら、無限にすぐに増殖するものです。

一匹が死滅しても、別の一匹が数を大量に増やして、別の人にうつっていく…、というのが、ノロウイルスのみならずウイルス全般の特徴です。

しかもそれに加えて肉眼では見えないのですから、生存期間の特定はもっと難しくなります。

生存期間が分かったとしても、ウイルスの寿命まで待っていたら大変です。決して自然に治っていくというわけではないのです。人間のほうが先にやられてしまいます。

現代は昔と比べればかなり衛生的です。ですからウイルスの寿命も昔よりは短いかもしれません。

おそらく科学が発達した将来の子供たちは、どんなウイルスでも撃退できる薬を飲んで、高熱にすらかからなくなるかもしれません。

なので、将来の子供たちはその意味では安心でしょうが、現代はまだそこまで至っていません。

現代は一応、科学が発達していて衛生的ではありますが、ノロウイルスの生存期間は今でも約1か月です。油断はできません。

ノロウイルスに感染しないための対策は?

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab

対策を挙げればきりがないですが、特にアルコール消毒は有効なのではないでしょうか?

アルコールをはじめとする、殺菌力が強い化学薬品は、実際の医療現場では常に用いられている折り紙付きの対策です。

自宅でアルコール消毒をすることは、なかなか想像が付かない方が多いでしょう。ですが、自宅でもアルコール消毒を徹底することが良い対策です。

持ち歩きに便利なアルコールジェルも売られていますから、お出かけにはいつも持ち歩くのがベストです。

外食時には、お店のおしぼりで手を拭いた後には、手持ちのアルコールジェルで消毒してから、食事を楽しむのがいいですね。

アルコール消毒液は、医療用の業務用製品というイメージですが、現代では薬局やインターネットですぐに購入できてしまいます。

特にインターネット販売では、様々なラインナップを比較・検討できるのでおすすめです。

余談ですが、インターネットショッピングは外出の手間もなく、意外と感染予防になるんですよ。

現物を見れないことのデメリットを差し引いても、感染症対策というメリットが優先します!

まとめ

ノロウイルスがうつりやすい期間は主に冬です。ですが、気候変動が著しい時代ですから、季節に関わらず流行しやすい、と考えておくほうがいいでしょう。

ノロウイルスの潜伏期間は約1〜2日です。生存期間は、年齢や免疫力にもよりますが、2週間〜1か月くらいでしょう。

アルコール消毒やインターネット・ショッピングなども、ささいなことですが良い対策です。特にアルコール消毒は、季節を問わずやってみる価値が大きいですよ。

是非取り入れてみて下さいね。

 

おすすめ記事:ノロウイルスの潜伏期間と感染力が維持される期間はいつまで?

おすすめ記事:ノロウイルスにうつると出る症状の特徴は?完治までの治療期間は?

 

スポンサーリンク