赤ちゃんがRSウイルスにかかることは一大事です。

特に免疫機能がまだ未発達の赤ちゃんは、症状が悪化しやすいです。大人の予想をはるかに超えて、状態が悪化します。

この記事ではRSウイルスの症状と、赤ちゃんの場合の潜伏期間についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

RSウイルスに感染した赤ちゃんの症状は?

草原の赤ちゃん

 

RSウイルスは基本的に、年齢で症状が違うということはありません。発熱、下痢、体の痛み、だるさと言った、私たちがイメージする一般的な風邪の症状が出ます。

ですがRSウイルスは、またたく間に体を攻撃します。そしてすぐに増えてしまいます。重症と軽症の境目が分からないウイルスと言ってもいいほどです。「気づいたときにはすでに重症化していた!」ということは、めずらしくありません。

そして重症化すると、呼吸器に症状が強く出ます。肺炎がその典型的な病気です。

免疫がすでに発達した大人でさえも、容易に重症化しますし、発見も遅れます。

それほど危険なウイルスですから、赤ちゃんがかかったことを想像するだけでも、ぞっとしてしまいます。

赤ちゃんについての症状ですが、赤ちゃんは症状を自分から訴えることはできません( 大人でさえもその辛さを言葉にするのが難しいくらいです )。なので、親御さんは常に赤ちゃんの健康状態に最新の注意を払う必要があります。

スポンサーリンク

 

RSウイルスの潜伏期間は?潜伏期間中にできることはあるの?

残念なことですが、体にウイルスが入ったときに、それをすぐに知る方法はありません。人間の目が顕微鏡並みの精度ならば、人間はとっくに感染症を撲滅できていたでしょう。

体に入ったときがいつなのかを正確に知ることはできません。なので、あくまでも目安ですが、RSウイルスの潜伏期間は平均でおよそ1週間ぐらいが妥当なところです。

ですが、これは目安ですから、もっと早く症状が出ることもありえます。

例えばお出かけで、人ごみから帰ってきた4日後に風邪の症状が出た、という場合などです。

赤ちゃんの場合には、免疫機能がまだ弱いので、潜伏期間は平均よりもかなり短くなるでしょう。

RSウイルスが潜伏しているかどうかは、素人では分かりません。医学的な検査や問診が不可欠です。

私たちにできることは、赤ちゃんの健康状態に常に関心を払うことや、衛生に気を遣うことです

特に感染症が流行やすい冬は、意識的に人ごみを避けるのが一番です。

治療期間中に注意すべきことは?

赤ちゃんとお母さん

現代は、医薬品の改良も進み、感染症は不治の病ではなくなりました。お医者さんの指示に従いながらの治療によって、感染症は治すことができます。

ですがそれよりも、もっと重大なことがあります。それは、看病疲れで親御さんが共倒れになってしまう心配です。

医薬品がどれだけ進歩しても、生身の人間が看病することは絶対に必要で、それだけは未来にもロボットができないことです。

ですが、人間のほうはというと、現段階では毎日の激務でくたくたです。お仕事に見合うお給料を得られず、お仕事をいくつも持っている家庭も珍しくありません。

そんな中で赤ちゃんの看病が必要になると、家庭の中の役割分担にも少なからず問題が起きます。

看病のためにお仕事を一時期は減らす必要も出るかもしれません。また、看病によって、家事や家計の管理をするのに手が回らなくなることもありえます。

「治療期間中は、医師の言うことを聞くこと!」という格言は、もう誰もがわかりきっています。

それよりも家族全体で、一時的であったとしても看病の体制を整えるほうが、はるかに難しいのです。

医薬品の効き目には何の問題もないのですが、看病の体制がうまくいかず、回復が遅れてしまうこともありえます。

最善の方法は、育児経験のある女性に、家事のいくつかを行ってもらうことです。例えば親類のおばさんの中で、あてにできる方はいますか。お買い物やお料理などを手伝ってもらうだけでも、看病に専念しやすいですよ。

「人の手を借りるなんて情けない!」と思う方もいるかもしれません。ですが、もしもあなたに助けを求めてきた親類や友人がいたら、あなたは彼らを情けないとは思わないはずです。

私を頼ってくれて嬉しい、と思うはずです。

まとめ

赤ちゃんがRSウイルスにかかったときには、育児経験のある女性の手を借りることが一番です。

潜伏期間や症状については、既に医学的に解明されている部分が多いので、心配はいりません。

治療法も同じです。

治療期間中にできる、最も必要なことは、看病する家族が共倒れにならないように注意することです。

それが、治療の効果を上げる秘訣ですよ。

 

おすすめ記事:赤ちゃんがRSウイルスに感染!お風呂に入れても大丈夫!?

 

スポンサーリンク