一般に感染症は、子どもたちやお年寄りが最も心配されます。ですが、成人であっても油断はできません。

RSウイルスの場合には、子どもたちがかかりやすいものですが、大人の場合はどうなのでしょうか。

この記事では、大人のRSウイルス感染についてお話します。

 

スポンサーリンク

 

 RSウイルスは、大人でも感染するの?

咳する女性

感染症というと、どうしても子どもたちやお年寄りがかかるもの、というイメージがつきまとうものです。

子どもたちは体が発達途上にあり、免疫力もまだ強くはありません。お年寄りは加齢によって免疫力が落ちてしまっています。よって、感染症にかかりやすいのです。

成人の場合には、ストレスや不摂生な生活スタイルが引き金となって、免疫力が下がりやすいのです。その下がったところに、感染源となるウイルスがやってくると、感染症を引き起こしてしまいます。

RSウイルスの場合も同様です。

しかし、どうすればRSウイルスをもらわないで済むか、どうすればRSウイルスにかからないで済むか、ということについては、とても難しい問題です。

第一ウイルスは目には見えません。どの場所にならば、多くRSウイルスがいると分かるものでもありません。意識的に避けることが難しいのです。

ただ、様々な人が行き交う街の人ごみの中や病院には、RSウイルスも含め、多くのウイルスがいる可能性が非常に高くなるので、なるべく避けたほうが良さそうです。

 

スポンサーリンク

 

RSウイルスに感染した大人に出やすい症状はあるの?

RSウイルスの初期症状は咳や鼻水で、普通の風邪の症状と同じです。なので、その症状がすぐにRSウイルスだと見分けがつけにくく治療が遅れてしまうことがよくあります。

それからRSウイルスは、免疫がついてかかりにくくなる、という感染症ではないのです。

それも災いして、普通の風邪だと勘違いしてしまいます。

RSウイルスは呼吸器に悪さをするウイルスです。悪化すると呼吸がしづらくて、のどの痛みがひどくなり、咳が出る症状が、とりわけRSウイルスに目立つ特徴です。

早期治療が大切!

顕微鏡

どんな病気にも言えることですが、RSウイルスも早期治療が大切になります。風邪の症状が出たら、お医者のところに行く、という行動を習慣にすることが何よりです。

RSウイルスは、水ぼうそうやインフルエンザウイルスと同じく、危険なウイルスです。決して自然に放置していれば良くなるといったものではありません。

それから、市販薬で撃退できるレベルのウイルスでもありません(とても強い効き目が必要ですから、処方せんでしか手に入りません)。

よって、RSウイルスにかかっているのかを正確に見分けてもらうために、病院へ行くのです。

たとえ普通の風邪だったとしても、処方せんでいただく風邪薬ならば、市販薬よりもその効き目は確かです。

普通の風邪ならば、市販薬でも対処できるレベルです。ですがじつは私たちは、普通の風邪かどうかを見分けるための専門知識はありません。また、見分けるための検査道具も持っていません。

市販薬を飲んだ場合に、たまたまそのウイルスが危険なレベルのものではなかったというだけなのです。

診察を受けるよりも手軽に手に入る市販薬です。ですが決して私たちは、ウイルスを見分けて風邪薬を飲み分けているわけではないのです(見分けなければならないほどに、危険なウイルス専用の薬は、薬局では手に入りません)。

まとめ

成人の場合には、ストレスや不摂生な生活スタイルが、ウイルスを招き入れてしまう原因になります。

普段からストレスをためない、節度ある生活スタイルを意識することが、ウイルスに対抗するための予防法と言えるでしょう。

RSウイルスを含め、感染症の多くは、普通の風邪と見分けがつかないせいで、症状が重症化しやすい病気です。ですので、風邪かなっ?と思ったら迷わずお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

 

おすすめ記事:【RSウイルスの症状】下痢・嘔吐・高熱・咳はいつまで続くの?

おすすめ記事:RSウイルスの特効薬とは? 効果的な治療法と完治の目安は?

 

スポンサーリンク