帯状疱疹が治っても、また再発してしまっては、同じ苦しい痛みをまた経験することになります。

再発するのかどうかについては、多くの人が気にするところです。

この記事では、帯状疱疹の再発について、完治後の対策も含めてお話します。

 

スポンサーリンク

 

帯状疱疹は繰り返すの?その確率は?

聴診器

帯状疱疹は、基本的には繰り返すことがない病気です。ですが、絶対に繰り返さないとは言い切れません。

まれに再発する場合もあるのですが、基本的には再発しないと思っておいて、間違いありません。

一度帯状疱疹を経験すると、体の免疫力はその経験を忘れません。「免疫がつく」、ということですね。帯状疱疹には、基本的にはかからないことになります.

それでも心配!再発しないために完治後に気を付けるべきことは?

若い時期に帯状疱疹にかかった人が、数十年後にまた発症するケースもあるそうです。ですが、その確率は、相当低いものだと言えます。ですから、そこまで心配はすることはないのですが、やはり心配になる人も多いでしょう。

完治後には、なるべく免疫力が下がりにくい生活スタイルを心がけるのが、一番です。

加齢ともに免疫力は下がって行きます。なので免疫力を意識した生活スタイルは、年を重ねるごとにその重要性が増します。

それから、若い時期に帯状疱疹にかかった人の再発の理由は、加齢による免疫力の低下のせいです。

免疫力が少しでも下がらない生活スタイルを若い頃から心がけることが、結果的に数十年後の再発を防ぎます。

よく「加齢に負けない体づくり」という健康法を耳にしますが、その言葉の意味は「免疫力がなるべく下がらないように」ということでしょう。

加齢によっておのずと下がっていく免疫力を、少しでも下げない健康法、という意味だと考えられます。

まさに帯状疱疹の再発を予防するために、この「加齢に負けない体づくり」は、とても大切です。

もちろん、免疫力を上げることも含まれますよ。

 

スポンサーリンク

 

そもそも免疫力は強いもの?それとも弱いもの?

帯状疱疹への免疫力がいくらついたとしても、きちんとその力を維持できなければ、数十年後には再発してしまうことになります。

とはいっても、免疫力はすぐに揺らぐほど弱くはありません。ですから、治ってすぐに再発するということがないのです。

前にかかった病気の経験をきちんと記憶するという、免疫力のメカニズムは驚くべきものです。

「帯状疱疹は数十年後に再発する確率が、ごくまれにある」という事実からも、すぐには揺らがない免疫力の強さを実感させられますね。

ですが自分の生活スタイルには全く無関心で、免疫力まかせにしてしまう場合には、再発する確率は確実に上がります。「まれだ」といっていられなくなってしまいます。その場合には、免疫力は弱い状態ということです。

体には、免疫力という素晴らしい能力があります。ですが、免疫力を最大限に強く活かすためには、生活スタイルに無関心ではいけないのです。

帯状疱疹の再発を予防するための生活スタイルとは?

サラダ

最も取り組みやすい方法は、免疫力を下げてしまう生活スタイルを、意識的に避けることです。

例えば、お酒やたばこがストレスを晴らす手段になっている人は、すぐにでも別のストレス解消法を見つけるほうがいいですね。一時的にストレスを晴らすことはできても、長期的には体には大きな負担がかかるものです。

たとえ微量でも、長年お酒やたばこを習慣的にたしなむと、徐々に体に負担をかけていくとも言われます。

お酒やたばこを習慣にしないことは、長い目で見ればよいことかもしれません。たまにたしなむのが一番だと言えます。ですが、お酒やたばこは元々依存性があります。なので、自制心をもってたしなみたいものですね。

免疫力を意識した健康法には様々なものがあります。人によって合う合わないもあります。なので「一番これが効く」とは言えません。

最も健康に良さそうに見える、禁欲的な方法が絶対にいいとも限りません。例えば、ファスティング(断食)や菜食主義がどうしても合わない人というもいるでしょう。

ですが綿密に計画した上で、慎重に実践するならば、免疫力を上げるのに十分に役立つとも言われます。もしも取り組みたい場合には、一度かかりつけ医に自分の健康状態をみて頂いてから取り組むのがいいでしょう。

まとめ

帯状疱疹の再発は、確率がとてつもなく低いものだと言えそうです。

ですが、自分の生活スタイルに無関心だと、再発の確率も上がります。

加齢にともなって下がってしまう免疫力を維持したり上げたりする意識が、つねに大切です。

そのために、免疫力を下げる生活スタイルを避けていくのもいいですし、何か健康法を実践してもいいでしょう。

再発を防ぐ生活スタイルを、今日から是非、無理のない範囲で始めてみましょう。

 

おすすめ記事:帯状疱疹の原因はストレス!? 発症しやすい人のタイプとは?

 

スポンサーリンク