日常生活で皮膚の荒れにふと気づいたときに、帯状疱疹の疑いがあるかどうかの見分けがつくことで、早期発見の可能性も高まります。

この記事では、googleで検索した帯状疱疹初期の画像や写真を引用しながら、帯状疱疹の初期の皮膚の症状について、詳しくお話します。

早期発見にこの記事を役立てて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

帯状疱疹の初期症状とは?

うめく少女

帯状疱疹の初期症状は体の痛みです。「疱疹」という名前がついている病気なので、体の痛みとは関係ないように思う人が多いでしょう。

しかし疱疹が起きる前から病気は始まっており、体の痛みが疱疹よりも先に出るのです。

 

帯状疱疹の原因は、水痘(すいとう、水ぼうそうのこと)・帯状疱疹ウイルスが神経を攻撃するためです。

攻撃されたときの痛みが、そのまま体の疱疹へとつながります。

ですがその痛みが帯状疱疹による痛みなのか、ただの神経痛なのかを、痛みだけから判断するのは難しいです。

これが帯状疱疹の怖いところです。

診察に行くまでの病気の経過は?診察を受けるまでにどんな症状が起こるの?

待合室

どれくらいの症状で病院に行くのかは、人によってさまざまです。帯状疱疹の場合には「これはおかしい」と思って診察に行く段階が3つあります。

これは病気の経過とも深く関わります。

初期段階

まずは痛みが始まったばかりの段階です。

ほんのささいな痛みであっても、かかりつけ医に診みていただくのが最も望ましいです。この段階で帯状疱疹だと分かれば、比較的軽い治療ですみます。

ですが、ささいな痛みで病院へ行く人はまれです。

湿布や鎮痛剤をいただくために、わざわざ病院で診察を受ける人はなかなかいません。体に痛みが出たそのときに、自分が帯状疱疹だと疑う人はいません。

ですが本来ならば、ささいな痛みであっても、病院に行くのがベターなのです。帯状疱疹の可能性もあり得るのですから。

帯状疱疹は、薬局で買える湿布や鎮痛剤ではかなわない病気です。専門的な治療が不可欠です。

「ささいな痛み」と書きましたが、人によって痛さの感じ方はさまざまです。

「いつもの痛みと何かが違う」という感覚が、帯状疱疹の場合の痛み方だと言います。直感的にそう思えた場合には、帯状疱疹を疑うべきでしょう。

中期段階

皮膚の症状が出てから「これはおかしい」と思って初めて、病院で診断を受ける段階です。そこで自分が帯状疱疹だとわかります。これが中期段階です。

多くの人がこの段階で病院へ行きます。しかも皮膚に症状が出たときにはすでに、病気はピークにさしかかっています。この病気の怖いところです。

人によって症状が出る場所はさまざまですが、顔や胸に炎症が出やすいと言われます。ですが、神経は体中どこにでも通っています。基本的には全身どこにでも出るおそれがあります。

最終段階

さらに、皮膚に炎症が出ても、なかなか病院に行こうとしない人がいます。そのまま放置して、重体になってやっと病院へ行くのです。これが最終段階です。

市販の湿布や鎮痛剤を使い、その副作用だと思う人もいます。湿布のせいで皮膚が荒れて、全身に発疹ができたと感じる人もいます。

また、何らかのアレルギーを起こしてしまって、それが全身に広がっただけだと思う人もいます。

帯状疱疹だと思って病院にかかる人は、この段階でもまれで、診断を受けて驚く人が多いです。そこまで早期発見が遅れやすい病気なのです。

 

スポンサーリンク

 

目で見てわかる帯状疱疹のチェック法は?

まず、googleで検索した帯状疱疹の初期症状の画像・写真をご覧ください。

 

帯状疱疹の初期症状の画像・写真

 

こちらには、帯状疱疹の初期症状の画像が掲載されています。ご覧の通り、皮膚の表面だけを見ると、単なる皮膚炎だと見間違ってしまうほどです。

これらの写真のような発疹を体に見つけたら、お医者さんのもとを訪れ、帯状疱疹かどうかみてもらうことが一番安全です。

もしも帯状疱疹だった場合、症状はすでに進行してしまっています。

なるべく早い治療を受けるためにも、診察を必ず受けましょう。

診察を受けることで帯状疱疹かどうか、その不安はなくなります。

また、お医者さんのもとでならば、帯状疱疹でなくてもきちんとした治療を受けられます。それのほうが、セルフケアよりも確実で安全です。

まとめ

帯状疱疹の初期症状は、単なる皮膚の荒れと見分けがつきにくいことも多いです。

また、皮膚の症状の前には、必ずと言っていいほど体の痛みが生じます。

皮膚の症状が出たときには、症状は本格的に進行してしまっている段階です。

ですが、これ以上症状が進行すると重症化してしまいます。なるべく軽い治療ですませるために、今すぐ病院で診察を受けましょう。

症状の重さによっては、専門医の治療が必要な場合もありますが、まずはかかりつけ医のもとを訪れてみてください。

 

おすすめ記事:帯状疱疹の原因はストレス!? 発症しやすい人のタイプとは?

 

スポンサーリンク