蓄膿症は、あまりにもつらい病気です。どの病気にも共通することですが、かかったことがある人にしか分からないつらさ…というものがあります。

中には手術をする人もいます。早期回復のために、多くの治療法を積極的に試すのですね。

この記事では、蓄膿症の早期回復に役立つと言われる、手術について詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

手術はどんなときに行われるの?

手術は、あらゆる治療法の中でも最も大がかりなものです。

他に治療の手段がないくらいまで、病気が重症化してしまっている場合には、お医者さんは手術をすすめます。

手術といっても、比較的軽めのものから、長い時間がかかるものまであります。とは言っても、最近の手術技術は、とても発達しています。

切開をするものばかりではありません。切開をしない、より安全な方法の手術も登場してきます。

症状の進行度にもよりますが、手術なしでも治せると判断した場合には、お医者さんは手術をすすめない傾向が強いです。ただでさえ手術にはリスクが付きものですし、保険が効いたとしても、その出費は決して安いものではないからです。

こうした理由から、安易に手術に頼る治療法は望ましいとは言えません。

なので、手術をするかどうかの判断は、お医者さん・患者さん共に、重大なものなのです。

そもそも手術にはメリットはあるの?

手術は、直接病気の部分に治療を施せます。

病気の部分を切り取ることで、病気を抑えて、迅速な回復を促します。

なので、最も合理的で、即効性がある治療法でしょう。

しかし、先ほど述べた通り、そもそも危険な治療法なのです。

栄養療法や休養などで治せるのならば、そちらが優先されます。

 

スポンサーリンク

 

蓄膿症の手術が必要な時って、どんな時?

症状があまりにも進行してしまっている時、一刻も早い治療が必要なくらい重症の時には、お医者さんは手術をすすめるでしょう。

蓄膿症は重症化すると、失明の危険性もあります。

意外で想像が付きにくい事実ですが、本当です。蓄膿症は、眼の周囲を中心に炎症が起きる病気です。

そのまま放っておくと、眼の健康にも影響します。

蓄膿症の手術方法は?

「とても痛そうなイメージがする…」、そう思われる方も多いのではないでしょうか?

確かに、切開をする手術もあるのですが、今はもっと安全な手術もあります。

お鼻から内視鏡を通して行う手術です。とは言っても、どんな手術法にもメリットとデメリットは付きものです。なので、絶対にこの手術が一番いいとは言えない場合もあるでしょう。

しかし、大々的に切開をしないでできる手術は、この内視鏡を使った手術です。

お医者さんから、手術を受けるメリットや、手術のリスク、費用などの説明を必ずよく聞きましょう。

きちんと綿密に話し合って、必ず互いに誤解のないようにしてください。

蓄膿症の入院期間は?

およそ1週間前後が、蓄膿症手術の入院期間だと言われます。

もちろん、症状の進行度によって日数は短くなったり増えることもありますが、だいたい1週間前後のようです。

回復のために、入院しておくべき日数についても、きちんとお医者さんに確認しましょう。

蓄膿症の手術と入院に、費用はどれくらいかかるの?

保険も効きますが、およそ10万くらいは必要になるそうです。手術としては安いほうなのかもしれませんが、万単位のお金は決して安いものだとは言えません。

もちろん保険に入っている場合ならば、この限りではありません。その場合には、申請にミスがないように注意しましょうね。

費用面についても、お医者さんにきちんと確認をしておくことを忘れないでください。特に金額については、万単位の勘定となります。数字の読み間違いなどで、勘違いがないようにしましょう。

まとめ

「どうしてつらい症状が出ているのに、即刻手術してくれないの?」と、きっとあなたはこう思うかもしれません。この疑問はもっともです。

ですが手術というのは、する側にも受ける側にも大きなリスクが伴います。

無理に手術をせずに、着実に治していけるほうが最も安全です。それを思えば、すぐに手術をすればいい…という結論に走ってしまうことはありません。

症状の進行度や金銭的な負担、何よりもお医者さんからのアドバイスをかんがみながら、自分に合った治療法を選んでいきたいですね。

何よりも焦らない気持ちが大切です。

 

スポンサーリンク